のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

前原誠司元外相は、相変わらず血迷っているよ。「(民進党は)何でも反対とみられているから支持率が上がらない」んだそうだ

2017年04月06日 10時24分56秒 | 安倍某とそのお友達
「獅子身中の虫」って、

この男のことだと思うな。

自民党に

すり寄りたいんなら民進党を出ればいい。

民進党が伸びないのは、

新聞の世論調査に振り回されて、

どこに行くのか

明瞭じゃないからだろ。

中沢けい‏ @kei_nakazawaさんが

その点、

こんな風に述べている。

―—民進党執行部は「世論を作り出す」ことをすっかり忘れてしまったかのようだ。「世論に引きずり回される」状態。いやびくびくで怯えているだけか。やり方によってはたった一人でも世論を作り出すことができるのにね。首相はネトウヨデマを国会答弁で吐く。野党執行部はネトウヨデマに怯える。いやはや。〔7:20 - 2017年4月6日 〕—―

上には、

不正世論調査の問題には触れなかった。

もし、触れれば、

前原誠司氏の言い分にも一理ありだとは思う。

しかし、たとえ、

可笑しな方向でも世論に一致するなら

そちらを選ぶというのは、

敗北主義だ。



〔資料〕

「民進・前原誠司元外相「何でも反対とみられているから支持率が上がらない」」

   産経新聞(4/4(火) 19:21配信 )

☆ 記事URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000569-san-pol

 民進党の前原誠司元外相は4日、報道各社の世論調査で、同党の支持率が低迷している現状について「(有権者から)何でも反対しているようにみえていることが、支持率が上がらない大きな要因だ」と分析した。党が配信したネットの動画番組で語った。

 前原氏は「国家、国民のプラスになることには堂々と対案を示し、(与党との)修正協議にも応じ、よりいいものをまとめる。そういう所も見せた方がいい」とも指摘した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友問題を“ゴッドマザー”安... | トップ | パンから和菓子への切り替え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。