のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

大島堅一さん / 「もし仮に、今でも原発が安いというのであれば、原発に対する国の支援を全て止めるべきだ」

2016年12月10日 05時25分34秒 | 原子力発電
表題の

なるほどな大島さんの一言は、

tetsusugiya @ts_prepre さんがツイートされていた。

――原発は高かった~実績でみた原発のコスト~(大島堅一) - Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/oshimakenichi/20161209-00065303/ …

「もし仮に、今でも原発が安いというのであれば、原発に対する国の支援を全て止めるべきだ」

正論。〔20:59 - 2016年12月9日 〕—―

これに対し、

「ヤクザ」のようなごね方を

しているのが経産省。

すなわち、原発の事故前は、

“安い”料金で

電気の供給を受けていたのだから、

事故後の

廃炉費用、地元に対する損害賠償費、除染費など、

国民が全額負担すべきだという。



そう言えば、

前に世耕大臣が

「原発コストは安い」と

ほざいてたな。


転載元:サイト「健康になるためのブログ 」記事。*http://健康法.jp/archives/24805

ヤクザ映画を見てると、

「ショバ代」という言葉が出てくる。

そこに座ったから

払わなければならないお金だ。

原発から

提供を受けた電力は、

言うならば、

強制的に利用させられた、

「安い」「安い」

という詐術の下――。

しかし、実際は、安くなかったわけだ。

詐欺師が

口上で、

「これ、高級品」と言ったことを受け、

後になって、

購買者に高額請求するようなものだ。

ふざけ過ぎだな。

徳永みちお
‏@tokunagamichio さんが指摘する

疑問に逢着する。

――原発の電気を使っていた国民には罰を与え、、、原発事故前に、高い給与を貰っていた東電の役員・社員、高い配当を受け取っていた株主、貸付金の利息で儲かっていた銀行などには遡ってのお咎めは無し?〔6:48 - 2016年12月10日 〕—―

経産省の考え方って、

利益があれば電力会社と政府に、

もし、損失がでれば国民に帰属ってことだろう。

既にその発想で

国民への責任転嫁がなされているようだ。

きっこ‏@kikko_no_blog さんが

こんなツイート。

――「政府与党は9日、福島第1原発事故による「帰還困難区域」の除染費用について、来年度から国が全額負担する方針を決めた」とのことだけど、これって、ようするに「東電が負担すべき帰還困難区域の除染費用を、全額、国民に負担させる」ということだよね?〔19:55 - 2016年12月10日 〕—―
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ、日本でカジノなのか――... | トップ | 12月9日(金)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原子力発電」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。