のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

準強姦事件をもみ消した中村格刑事部長がなぜ、共謀罪運用責任者になるんだ?

2017年06月11日 12時18分28秒 | ファシズム
日本は、

日一日と可笑しな国になっていくようだ。

その象徴的な人物が

このおっさん。

名を中村格と言う。


転載元:鈴木 耕‏ @kou_1970さんのツイート〔10:57 - 2017年6月10日


上杉隆氏が暴露した情報によると、

「2015年7月22日、安倍総理は河口湖でゴルフをしていた。そこに中村格氏が駆けつけ、総理の了解をもらって、官房長官に連絡して山口氏の逮捕を止めた」

とのことだ(「Dreamers 激動の時代を読む!~ Change The World ~」の記事、「安倍政権御用記者、山口敬之氏の「準強姦疑惑事件」の全内幕をニューズ・オプエドで上杉隆氏が暴露!」参照。*http://turbulence.whdnews.com/p/1706/wrNAoDrb1.html)。


(逮捕状の執行を停止する損得を考えている晋三閣下〔画像は、イメージ〕)

庶民としては、

驚くというより、この後の「中村格 サクセス・ストーリー」が怖い。

タイトルに触れた通り、

このおっさん、今、現在、組織犯罪対策部長として

共謀罪運用責任者になる

(下記〔資料〕参照)。

正義感ゼロの幇間芸人が

「平成の治安維持法」と呼ばれる

共謀罪を運用する!

こんなブラックなお話、ジョークとしてしか

受け入れられない。

民進党は、

庶民の側に立つ政党と言うなら、

なぜ、中村格の

国会招致に躊躇する?




〔資料〕

「共謀罪運用責任者の国会招致 民進執行部はなぜためらう?」

   日刊ゲンダイ(2017年6月9日)

☆ 記事URL:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207100/2

 安倍首相と親しいジャーナリストで元TBSワシントン支局長の山口敬之氏のレイプ事件もみ消し疑惑で、逮捕状の執行を止めたのが、当時は警視庁刑事部長だった中村氏だ。「週刊新潮」の取材に対し、「私が決裁した」と認めている。そこに官邸の意向や忖度はなかったのか、国会で聞く必要もあるだろう。

 民進党の若手議員が言う。

「もちろん、中村氏を法務委員会に呼んで話を聞くべきだという声は党内で上がりました。でも、執行部は及び腰で、『わざわざ国会に呼ばなくても。彼から直接、話を聞けるから』などと言って却下したのです」

 中村氏は、民主党の野田政権時代から2015年まで官房長官の秘書官を務めていた。その時のパイプが生きているらしい。菅官房長官からも絶大な信頼を得ているという。だが、政権が交代しても秘書官にとどまるのは異例中の異例だ。民進党執行部は、中村氏に政権当時の弱みを握られているから、国会招致に及び腰なのか。

「確かに、中村さんが組織犯罪対策部長に就任したのは、民進党対策という話を聞いたことがあります」(前出の公安警察関係者) 

 こんなことでは、蓮舫―野田体制が続くかぎり、安倍政権を追い込むのは無理だ。

 会期末まで残り1週間だが、共謀罪法案は次々と問題点が明らかになっている。このまま成立を許せば、生煮えの法案が恣意的に運用され、国民生活にも甚大な影響が生じかねない。

 野党は今からでも取れる手がある。ズバリ、共謀罪を実際に運用する警察の責任者を国会に招致することだ。

「共謀罪を審議する法務委員会では、法案の理論をつかさどる法務官僚が答弁に立っていますが、なぜ野党は実際に運用する警察の責任者を呼ばないんですかね。われわれ現場としては、どういう時に通信傍受で証拠を集めるのかなど、想定されるケースごとに細かく質問されて、『この場合はやれない』『こういう捜査はしない』と国会で言質を取られることを恐れていました。運用時に動きづらくなりますからね。なんだか拍子抜けです」(公安警察関係者)

 法案成立を止められないのなら、運用する側の国会答弁の積み重ねが歯止めになるというのだ。現時点の運用責任者は警察庁の中村格組織犯罪対策部長。目下、話題の人物でもある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカウント500円 @_500yen が... | トップ | 内閣支持率大幅アップを報道... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
段取りの巧妙さ(逆に杜撰お粗末) (こころ)
2017-06-11 14:20:12
身内で全て固めておけば、全てが上手く行くと踏んだ狡猾さと甘さ。あの態度はそうとしか。

この政権が終わらない限り先には進めませんね。

民進党、自由党、共産党、社民党は絶対に追求の手を緩めてはなりません。

まだまだ多方面に於いても余罪はあるでしょう!

これら、本当に逮捕されないと済まない事件です。
森友学園、加計学園、山口レイプ事件、共謀罪、そして今まで強行可決したトンでもない法案の数々。
見直さないままは無理でしょう。

取り合えず、全く機能していない無駄なマイナンバーは直ぐ停止できるでしょう。
導入に際しての税金は無駄になるでしょうし、返却に少々の手間は掛かるでしょうけど。

国会軽視、民意無視で得て勝手にやってきた事が、ここに来て更に立証、明白になった感じですね。ツケはきっちりと。
罪を償うまで追い込みましょう!
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ還元・無添加ハムサンド)む)
2017-06-11 23:13:08
「準強姦事件をもみ消した中村格刑事部長がなぜ、共謀罪運用責任者になるんだ?」

これをそのまま拡散する必要があると思います!!!
中村いたちごっこ (こころ)
2017-06-11 23:58:51
共謀罪運用責任者じゃなくて、共謀罪運用者として1号、2号辺りに相当かと。

何をどうすれば中村格が共謀罪運用責任者?なのか逆立ちしても何してもサッパリ理解できません!
幾ら何でも中村格なんかがなれば、それこそ紛糾ものでしょう。

冗談も休み休みにして欲しい。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 06:53:16
重大な局面は6月の空港での逮捕見送り話のはず。日時が合わんぞい。上杉たかし氏の勘違いではないですか。
重大な局面は (忠太)
2017-06-14 09:13:47
多分、勘違いされてるでしょうね。

コメントを投稿

ファシズム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。