のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

あたかも蓮舫氏に脱法行為があるかのような言い方をする池田信夫

2016年12月13日 22時35分13秒 | ファシズム

転載元:如月‏@maikutaisonn さんのツイート〔19:10 - 2016年12月13日

もし、蓮舫氏に

罪があるとすれば、

違法でないものを違法と思い込んだ罪だろう。

蓮舫氏が

日本国籍を望んだからには、

台湾国籍については離脱の申し出がなされたとして

日本国法上、扱われる。

日本法は、

重国籍を認めない立場だからである。、

しかし、

事実関係として、

台湾の国籍があった痕跡が残る。

その国籍に着目して、

「2重国籍だ」「2重国籍だ」

と騒いでいるわけだ。

日本法が

台湾国籍については離脱の申し出がなされたとして

扱う以上、

他国の国籍の痕跡を除去する義務を負っているのは、

日本政府のはずだ。

然るに、

日本国政府は、

その義務を履行するには

困難を伴う。

すなわち、

他国に要請をなすには、

当該他国を

「国家」として

認めていなければならない。

然るに、

日本国政府は、

台湾を国家として認めていないので、

その請求はなしえない。

では、

蓮舫氏の日本国の国籍取得の申請自体、

違法なものなのかと問えば、

違う。

国籍取得の要件が満たされる以上、

それを制約する

理由はない。

ここまでの説明で分かる通り、台湾を国家と認めていないのは、

日本政府の取る立場である。

その立場のために

それと矛盾する国籍の痕跡除去は、

本来、日本国政府にとって

実現不能だ。

だから、

法務省の説明として

「努力目標」

という位置づけになるわけだ。

政府が

不可能なことを

国民に代わってさせようとするのは、

理不尽だ。、

日本の国籍取得を申し立てた蓮舫氏に

その責任を擦り付けられる

道理もなく、

「公正証書不実記載罪」など

成立しようがない。

よくも同罪等の未遂などと屁理屈を述べるものだ。

法律を知らない者は

勘違いして、

蓮舫氏は、

国籍に関して違法なことをした

と思うだろう。

それが狙いなんだろうな。

思うに、

こんな言いがかりをつける

池田信夫は、

言論人じゃないな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月12日(月)のつぶやき | トップ | 時事ドットコム / 「途上国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファシズム」カテゴリの最新記事