のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

5月5日(金)のつぶやき その2

2017年05月06日 05時30分44秒 | ツイッタ―
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月5日(金)のつぶやき その1 | トップ | 安倍政権が目指しているのは... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごもっともなご意見ばかり。 (こころ)
2017-05-06 11:40:02
ほんとに、何方の発言も賛同できる事ばかりです。
特に木村草太さんのご意見には、その通りと。

教育無償化なる恰も耳障りの良さげな餌の裏に、どの様な企みがあるのか。
そんな事より奨学金制度の在りかたを見直すべき。
民進党等が奨学金制度については国会でも取上げ質問されていたと思うのですが、与党はスルーしてきていますね。

奨学金制度が単なるサラ金のようになってる現実さえも、満足に検討出来ないものが、何が教育無償化なのものですか。
政権は、奨学金制度に本腰を入れ(遅すぎ!)スッキリさせてから教育なんちゃらと宣えと言いたい。
しかも教育無償化の雑な内容。
本気で国民の為にやるなら、細かく決めるべき事柄も大雑把過ぎて適当。

教育無償化させて国のやりたい放題を押し付ける具にするのでは?
無償化なんだから、文句は無いだろう的な凶育が成されるのではないかと危惧。

教育無償化させる財源として、一律にぼったくる消費税でも更に上げるつもりでしょうか?
無償化だから、政府の提供した戦争するぞ!の副読本でも押し付ける算段でしょうか。

今までの政権のやり方をみて、まず庶民の為になる事をやった試しがありませんから、このようにしか見えないのですが。
☆ ごもっともなご意見ばかり。 (こころ) (忠太)
2017-05-06 23:03:04
奨学金制度そのままでは、高等教育無償化っていったところで本気度が見えないですね。見取り図がないので改憲案と言っても“見せ金”みたいなものです。こういう人を食ったような案で、とりあえず国民投票に持ち込めば、こちらの勝ちと考えているんじゃないでしょうか。恐らく、仮に、成案を作ったとしても逃げ道だらけです。

コメントを投稿

ツイッタ―」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。