のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

百田尚樹という作家の人柄がよくわかる、人を貶める非難の仕方

2016年12月30日 09時50分51秒 | 安倍某とそのお友達
れもんた「この世界の片隅に」はいいよ‏@montagekijyo さんのツイート。

――作品を酷評された百田尚樹氏が相手の容姿を侮辱。彼が取る態度はいつもこの醜悪なパターン。
豊崎さんは「わたしの書評のどこが間違っているか、エビデンスを提出して、その上で罵声を浴びせてきてくださいねー。」と書いてますが。https://twitter.com/toyozakishatyou/status/773918634360004609 …〔2:44 - 2016年12月30日 〕—―







これはきっと、

原作が百田という

三流級映画が不人気なためにした八つ当たりだな。

そう言えば、

サイト「シネマトゥデイ 」が邦画ベストテンを発表していた。

下に書き出した通りだ。

【2016年邦画作品別興収上位10本】 (最終興収の数字は一部推定)

1『君の名は。』:213億2,000万円(12月25日時点)
2『シン・ゴジラ』:81億1,000万円(12月25日時点)
3『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』:63億3,000万円
4『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』:55億3,000万円
5『ONE PIECE FILM GOLD』:52億円
6『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』:46億1,000万円
7『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』:41億2,000万円
8『暗殺教室~卒業編~』:35億2,000万円
9『orange−オレンジ−』:32億5,000万円
10『ガールズ&パンツァー 劇場版』:24億円

☆ 記事URL:http://www.cinematoday.jp/page/N0088660

百田原作の映画は、

ないな、確かに。

「昔、海賊やら、山賊、盗賊と呼ばれてました」

だっけ?

たかじんの呪いがかかっているという

“ちょい悪親父”の自画自賛、

三流映画。

出演してる俳優さんはともかく、

百田が

原作を書いているってのが不味い。

誰がそんな

後味の悪そうな

駄作を見るかという気分になるわな。

上映している映画館は、

どこもかしこも

閑古鳥が鳴いているみたいだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【訃報】 女優デビー・レイノ... | トップ | 稲田朋美って、どこでどう歴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

安倍某とそのお友達」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。