のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

中華料理店「赤坂飯店」では、蚤の心臓のチンピラ、晋三がトランプとの仲の良さを喧伝していたという

2017年03月06日 16時43分43秒 | 国会論戦
森友学園のことについて、

相当、疚しいことがあるのだろう。

森友学園問題の釈明の段、

総理は疲れた様子で

『カネのやり取りとかやましいことは全くない』

と国会と同じ内容の話を繰り返した由だ。

金のやりとか、

その場ではなくとも他ではありうるだろう。

なぜ、ガラス張りにして

国民にすべてを明らかにするという

態度を取らないのか。

NHKは、

白抜きと言って、

資料の黒塗りを避けて、

隠し事は

何もないかのような小細工をして報道するという。


転載元:きむらゆい‏ @yuiyuiyui11さんのツイート〔8:17 - 2017年3月6日

そういう人を食ったような、



公共性のない記事(政府広報)をNHKに放送させるべきではない。

それじゃ、詐欺だよ。

民主党で質問に立った福山氏が安倍を興奮させまいとして

気を配るといったようなこと、

本来、民主的な国会の

審議にあってはならないことだ

(࿇༄࿇༅༒ƬᎯ⍢ℜᎧ༒༄࿇༅࿇‏ @taromameさんのツイート〔12:09 - 2017年3月6日 〕参照 )。

共産党の小池氏も

安倍晋三が哀れなので

言いたいことのすべてをしゃべってないようだ。

仰るには、

「武士の情けでまだ言っていないこともある」

とのことだ

(ANTIFA大阪‏ @antifa_osk さんのツイート〔13:40 - 2017年3月5日 〕参照)。

「緊張するとパンツの中、うんこだらけになるんよ。

だからな、虐めんといてくれや」

と顔に書いてある首相、

周りに

「2021年まで首相やらせてくれや」

と甘えたメッセージを送りまくっているようだ。

自分で決意して

辞職するわけには行かんのかな。


〔資料〕

「安倍首相と記者クラブ 「赤坂飯店の夜」全真相」

   週刊ポスト2017年3月17日号

☆ 記事URL:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170306-00000008-pseven-soci&p=1

 国会で与野党の論戦が白熱している最中に、安倍首相と大メディアの記者たちが酒席をともにしていたことが波紋を呼んでいる。

 国有地払い下げ問題の渦中にある森友学園の園児たちの映像を巡って国会が紛糾した2月27日、来年度予算案が衆院を通過した。
 その夜、安倍首相が東京・赤坂の繁華街にある中華料理店「赤坂飯店」から出てくると、それを知っていたかのように集まっていた“一般市民”たちが一斉にデジカメやスマホを構え、フラッシュがたかれた。
 通常、主要各紙は朝刊で前日の首相動静を報じるが、会食の予定がリアルタイムで国民まで伝わることはほとんどない。きっかけはツイッターでの呼び掛けだった。
〈リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、「森友のこと書くな」との圧力かけとる。これで負けたら新聞社の看板外してまえよ。しかし俺は、各社に、こんな安い圧力に負けない連中がいることを固く信じる。各位!戦え〉
〈東京に今日いる諸君は、ぜひいまから赤坂飯店いって、バシバシ写メ撮って欲しい〉
──午後8時過ぎ、立て続けにそう書き込んだのはベストセラー『日本会議の研究』の著者・菅野完(たもつ)氏だ。投稿はツイッター上で拡散され、ハッシュタグ「#赤坂飯店」がトレンド1位になる騒ぎとなり、「赤飯」の前に人が集まったのである。インターネット報道メディアのIWJは安倍首相への直撃を試みる様子をウェブ上で配信した。
 菅野氏の情報は正確だった。翌日の各紙朝刊の首相動静によると、安倍首相はこの日、午後7時5分から赤坂飯店で内閣記者会に加盟する新聞社、テレビ局の官邸詰めキャップとの懇談、いわゆる「キャップ懇」を行ない、午後9時55分に渋谷区の自宅に戻っている。
 実は、菅野氏の情報源は、官邸のメディア操作で記事が書けないと危惧した1人の新聞記者からだったという。菅野氏が語る。
「当日、私は森友学園問題の取材で大阪にいたのですが、そこに知人の大手新聞の記者から電話が入った。『今日の夜、総理が赤坂飯店という東京の中華料理店に記者を集める。そこで森友学園の報道に釘を刺すような話をするようだ。菅野さん、これをネットに書いて国民に伝えて欲しい』と。“それは御社の新聞で記事にした方がいい”と答えると、『うちの社では企画が通らない。だから菅野さんに』ということでした。だからその内容をツイートしたのです」

 自社で書けないからとリークする記者も情けないが、政権の顔色をうかがって報道を自主規制する大新聞社の内実がよくわかる話だ。では、赤坂飯店で安倍首相は記者たちに2時間半もどんな話をしたのか。大手紙政治部記者が語る。
「キャップの話では、最初はもっぱら森友学園問題の釈明。総理は疲れた様子で『カネのやり取りとかやましいことは全くない』と内容は国会答弁の繰り返し。昭恵夫人の名誉校長の件についても『妻がそんな役職に就任していたなんてオレは全く知らなかった』というばかり。
 ちょっと元気になったのはトランプとのゴルフの話。『トランプはめったに相手のゴルフを誉めることはないが、シンゾーはうまく刻むじゃないかと誉められた』とか、『トランプとは国際会議の時に毎回会談すると約束したが、そんな約束を取り付けたのは世界で自分だけ』と鼻高々だったそうです」
 さすがにかつての民主党の大臣のように「書いたらその社は終わり」という露骨な“箝口令”はなかったようだ。
 安倍首相にすれば、わざわざキャップ懇を開いたのだから、余計なことはいわなくても大メディアは封じられたとタカをくくっていたのだろうか。
※週刊ポスト2017年3月17日号
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「果し合い」のつもりがあっ... | トップ | 不正支出1億円が疑われる、何... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国会論戦」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。