のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

経産省政務官・中川俊直は、妻ががん闘病中だというのに、二重婚。破局後も未練たらしくその相手をつけ回し、警察にストーカ登録ってか。他方、別に愛人を作るって、お前さん、一人前の男じゃないのか

2017年04月19日 23時29分12秒 | 安倍某とそのお友達
毛ば部とる子‏ @kaori_sakaiさんのツイート。

――重婚ウェディング政務官「中川俊直」、愛人トラブルで“ストーカー登録” 妻はがん闘病中
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00520347-shincho-pol …
⇨逆に、ここまで異常じゃないと更迭はされない、ってのが安倍内閣のすごいところだ。〔18:15 - 2017年4月19日〕—―

「二重婚」なんて、

法律の本で見ただけで、実際に実行する人間がいるなど、

夢にも思わなかった。

また、「ストーカー登録」なんて言葉、

初めて聞いた。

迷惑がられる前に身を引けよ

と思うな。

愛していたんだとしたら

なおさらだよ。

このおっさん、もしやと思って調べたら

自民党幹事長等を歴任した中川秀直の息子だった

(ウィキペディア「中川俊直」の項、参照。*https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E4%BF%8A%E7%9B%B4)。

偽メール事件では

民主党の議員を返り討ちにしたが、

息子は、

糞虫でしたって、

何とも親としては力の抜ける話だな。


<追記>

中川俊直@Nakagawa1470さんのツイート。

――心よりお詫び申し上げます。

本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。... http://fb.me/8UsEJS4fU 〔19:25 - 2017年4月18日〕—―

フェースブックには、

次のような記事があった。

――心よりお詫び申し上げます。
本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません。
妻に対しては、昨年末、私からすべてを説明し、本当に申し訳ないことをしたと詫びました。それから時間をかけて話し合い、信頼回復に向けて共に歩もうと話してくれました。
今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります。これまで私を支えて頂いた方々に対し、心よりお詫び申し上げます。
          
平成29年4月18日   中川俊直―—

☆ 記事URL:https://www.facebook.com/toshinao.nakagawa/posts/1380933041989741

m TAKANO‏ @mt3678mtさんがこのツイートを受け

こんなコメント。

――政務官を辞めてツイッターで詫びれば済む話ですか。詫びるのは、議員辞職してからですよ〔21:34 - 2017年4月19日 〕—―

2017年4月20日深夜 記



<追記-2>

🏕インドア派キャンパー@I_hate_camp さんのツイート。

――中川俊直の奥さん哀れすぎる。これ、抗がん剤で窶れた姿を隠すためのマスクと帽子だろう? マスクかけてても頬がげっそり落ちているのが解る。そんな人間に土下座させてる。

テレビ、こんなの放送するなよ〔17:03 - 2017年4月21日 〕—―



このツイート、読んで泣いてしまった。

けど、けじめはけじめだ。

議員辞職して仕切り直しした方がいいんじゃないか。


<追記-3>

本間 龍  ryu.homma@desler さんが

こんなツイート。

――いやこれ、自民党を離党する事がなんで引責なの?離党なんてどうでもいいから、議員辞職が先だろう。〔15:43 - 2017年4月21日

離党が引責だと思っている時点で

政治家としての

反省をまだしていないと考えるべきなんだろうな。

しかし、そんな発想、

天地が引っくり返ってもできないに違いない。

2世議員や3世議員など、

世襲議員の限界というべきか。

もう引退してもらう方がいいのかもしれないな。

2017年4月21日夜 記



<追記-4>

毛ば部とる子‏ @kaori_sakaiさんのツイート。

――ひどいよね、これ。闘病中ってわかってるような家人のもとへ、取材なんかいくなよって話。〔0:35 - 2017年4月22日 〕—―

権力の座から滑り落ちた人間に対して、

マスコミは、

非人間的に冷酷になるように思う。

結局は、

巡り巡って、

自分たちの評価を落とすだけなのに――。

2017年4月22日未明 記



<追記-5>

くーこ‏ 
@_kuco_さんのツイート。

――中川秀直議員の奥さんが「わたしにできるのはお詫びすること」とTVで謝罪してる・・・すごい違和感。。
中川議員本人は「facebookで謝罪」、「会見の予定は無し」で、闘病中の妻がTVで謝罪ですか。。

そして山口敬之が「まじめな議員です」とコメント。どこがよ!?〔8:34 - 2017年4月21日〕―—

奥さんが謝罪すること分かっていて、

旦那の秀直は、

家に帰らなかったのかもしれん。

だとしたら、

奥さんにおんぶに抱っこで、

実に卑怯な男と思う。

山口敬之が「まじめな議員です」と褒めているのも、

何だかな、

という印象を受けた。

2017年4月22日未明 記



<追記>

重婚の相手の女性、秀直が独身だと

信じたんだよな。

つまり、秀直は、

この女性を騙したわけだ。

騙さなきゃ付き合ってもらえなかったって、

安倍晋三に何だか似ている。

思うに、

この手のタイプ、

本質的にもてない。

田端 信太郎‏@tabbata さんがこんなこと言っているぞ。

耳をかっぽじって

よく聞いて見ることだ。

――これまでに見た中で、最も納得が行ったモテの定義は、宮台真司先生が言うところの「モテないとは、他人を幸せにすることが出来ないということだ。」という定義ですなあ。おーい、モテない男女、聞いてるか?〔20:26 - 2017年4月16日〕―—

奥さんが病魔に倒れて、

念願の独身生活が手に入ったとき、

お前は、

持てるようには生まれついてなかったんだと

気づくことだろう。

そんなお前に仕えてくれている

奥さんが元気な内、

せいぜい孝行しておけ。

そうでないと、

死ぬまで後悔することになるぞ!!

2017年4月22日昼 記




〔資料〕

「重婚ウェディング政務官「中川俊直」、愛人トラブルで“ストーカー登録” 妻はがん闘病中」

   デイリー新潮(4/19(水) 17:00配信 )

☆ 記事URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00520347-shincho-pol

 18日、経産政務官を突如辞任した中川俊直代議士(46)。その裏には、警察沙汰となった愛人トラブルがあった。挙句、中川氏は「ストーカー登録」されてしまい――。

 ***

「彼に奥さんと3人の子どもがいることは知っており、不倫関係であることは承知の上でした」

 と明かすのは、元愛人ご本人である。中川氏との交際が始まったのは2011年のこと。13年にはハワイで「結婚証明書」にサインをし、2人で“重婚ウェディング”を挙げるまでに関係は発展した。

 だが、元愛人によれば、中川氏は“妄想・嫉妬がとにかく異常なレベル”。なにかにつけて浮気を疑う中川氏に嫌気が差し、一度破局を迎えるも、昨年11月に再会した。なおこの時、中川氏の妻はがん闘病中の身だった。

 さらに、この時点で中川氏には女性議員の“彼女”も。その存在に怒った元愛人に対し、中川氏は“死んで償う”と半狂乱で彼女の家を訪問。元愛人が110番通報したことで、政務官は渋谷警察署に「ストーカー登録」され、彼女に接触できなくなった。

 その後の彼女への弁明のメールでは〈マスコミ沙汰になった場合は、当然、政務官辞任と、お詫びの会見をしなくてはなりません〉と説明しているが、現在、会見の場を設ける様子はない。

 ***

 4月20日発売の「週刊新潮」では、“彼女”として取り沙汰された女性議員の実名を明かしたうえで、60分間に亘った中川氏の弁明を一問一答で掲載するほか、元愛人とのハワイ挙式写真も併せて報じる。

「週刊新潮」2017年4月27日号 掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性セブンよ、今頃書くな、... | トップ | 日本会議のアホどもに騙され... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自民党 (こころ)
2017-04-20 12:02:14
こんなのしかいない党だと判る典型。
こんなのが、端から(そもそも)どんな政治が出来るのでしょうか。
出来ないから今のような粗末ぶりではないですか。
一旦、党を解体させなければ、この人擬き軍団は百害のみ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。