のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

映画「機関車ヘンリーとヒロ(クールな日本人号)」 子どもが見る映画なので廃車にはなってませんが、無理をすれば代償を払わねばならなくなるのが現実です

2017年06月10日 18時27分10秒 | 映画
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すっとぼける! 安倍政権は... | トップ | 近々、防空頭巾の需要が見込... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド))
2017-06-11 03:17:10
実は機関車トーマスはこれまで観たことありませんでした・・。
ちょっとヒヤヒヤしながら観てましたが、、気合いと根性で押しきりましたね。。
いいお話だとは思いましたが、そのまま無事に押し切る展開は予想してませんでした笑。
実は機関車トーマスはこれまで (忠太)
2017-06-11 04:15:26
日本人的な頑張り、否定していないのですよね。映画を見ていて成功体験として記憶に残るでしょ。それが怖いなと思いました。

知りませんでした。 (こころ)
2017-06-11 12:23:37
トーマスは好きです。が、この映画知りませんでした。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド)海)
2017-06-11 12:52:13
ヒロはもしかして日・・本人なんですね。
ヒロはもしかして日・・本人 (忠太)
2017-06-11 13:43:21
Heroと書いた横に(Japanese)という説明があるから、日本人なのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。