のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

関口宏さん / 「(安倍政権を消極的に支持する若者に)変化を求めるべきではないか」

2017年06月12日 09時29分57秒 | 農家のこと
下記〔資料〕に添付したのは、

前に触れた

サンデー・モーニングの番組

(拙稿「内閣支持率大幅アップを報道する地ならしか 若い人は、権力に従順で問題意識を持たない 「消極的支持」がキーワードとなった折も折、世論調査のやり方が「固定電話→携帯電話」に変わる旨、喧伝される」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/5215fb6bb2c317842db6ac115916d158


での司会者、関口宏さんのコメントを解説したものだ。

それだけ、

ネットでの反応があったということの裏返しだ。

思うに、

安倍政権は、

ぶるぶると震える箱だ。

それは、

爆発が目前の時限爆弾かもしれないとなったとき、

さっさと投げ出すのが自然な反応だ。

それをせず、

抱きかかえてしまうのは、

爆発という

未来の出来事に不安があるため――

というのは、

説明に無理があるんではないか。

もし、サンデー・モーニングでのデーターが正当なら、

若者たちは、

変化を望まないのではなく、むしろ、変化を求めている、

丁度、蛾が蝋燭の炎に引き寄せられ、

身の破滅と分かりつつ炎に飛び込んでいくように。

ただ、どっちにしろ、

番組は、

非常に特殊な反応を全体と見せかけるインチキをしている。

高齢者の

「自身の資産事情と絡めて、株価重視の政策を続ける政権を支持している」

という分析も

大金を持っている高齢者に限って言えることで、

普通、マネーゲームに現を抜かすほど

余剰資金は持ってない。

これも現状を無視した空論だ。


〔資料〕

「関口宏 安倍政権の高支持率を支える若者に苦言『変化を求めるべきではないか』」

   livedoorニュース(2017年6月11日 12時45)

☆ 記事URL:http://news.livedoor.com/article/detail/13187127/

11日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏が、安倍政権の高支持率を支える若者たちの心情に苦言を呈した。

番組の「風をよむ」コーナーでは、安倍内閣が持つ高い支持率の秘密を特集した。JNNが今月3、4日に実施した世論調査では、安倍内閣の支持率は54.4%と、不支持の44.1%を10%以上上回った。

埼玉大学の松本正生(まつもと・まさお)教授は、団塊の世代を中心とした高齢層が自身の資産事情と絡めて、株価重視の政策を続ける政権を支持していると指摘する。そして、若年層からの支持率も非常に高いと解説した。年代別の内閣支持率で見た場合、他の支持率が50%前後で推移する中、18~20代は68.0%と、飛び抜けているのだ。

また、スタッフが街頭インタビューを実施したところ、若者たちは「安倍政権になってから急激な変化がなかったので安定している」「これまでの人より安心できる」と、従来の政権より高い安定性を高評価した。さらに、就職率が回復傾向にあることも、安倍政権を支持する大きな理由だという。

こうした若者たちの声を受けて、関口は安定を望む心情をある程度理解しつつ、「安定をずっと安定かと思ってたら、眠りに入っちゃう場合がある」と苦言を呈したのだ。そして、政権支持の潮流に対し「僕はやっぱり変化を求めているべきではないかという気が、僕はしちゃいますが」と意見している。

東京大学名誉教授の姜尚中氏も関口の見解に理解を示し、「未来に希望がないから、現状にしがみついている」と、若者たちを分析していた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒し画像(GIF):反対をチェ... | トップ | 大洗研究開発センター(茨城... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
局長提示の支持率 (こころ)
2017-06-12 11:25:22
そもそも、局長の提示された(安倍→局長又は局長が安倍忖度か)支持率を基盤に物を申すから、良かれの発言もズレてしまう訳で…そこが歯痒い限り。

関口宏さん自体は好きでも嫌いでもないのですが、ご自分の感性の持論か、局を忖度しての発言かにも依ります。

この番組のゲストは、まだ中立的な選考である事が小さい希望。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。