のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

長谷川豊アナ、警察に被害届を提出。どこまでも、和田政宗議員に似る。「僕ちゃんをイジメるな~」ってか

2016年10月18日 12時00分38秒 | 安倍某とそのお友達
人気の話題w‏@ninkinomatome さんが

こんなツイート。

――長谷川豊アナ、警察に被害届を提出 「嫌がらせをする人間、法の下に裁きを受けて頂きます」 http://ift.tt/2ebxHN8 〔11:29 - 2016年10月18日 〕—―

この人の辞書には、

「自業自得」

という四文字熟語は収録されていないのかな。

ひろすけ‏@hrskksrh さんによると、

――長谷川豊 まで入力すると、ブログ 横領 退社 住所 までサジェストされるのね。〔11:46 - 2016年10月18日 〕—―

どっから金が落ちてくると考えていたのか

知らないけれど、

もともと、

「炎上商法は、金になる」

とかいう持論があって、

過激発言をした。

然るに、返って来たのが批判ばかりなのに慌ててしまった長谷川先生、

仕方なくしたのが

謝罪のためのブログ記事の投稿だった。

しかし、それがまた、謝罪になっていないお粗末な弁明だから

笑わせる。

実は、ここら辺から、

本格的な「炎上状態」になったのではあるまいか。

本人は、

強気で自分は何本もの

TV出演番組がある。

凹ませられると思うなら凹ませてみろ

などと言う

挑発をしていたと記憶する。

それが今や、

警察への駆け込みか――。

頼みの綱の

安倍政権が救いの手を差し伸べてくれる!

とでも考えているのかな。

しかし、そりゃ、無理だ。

総理大臣候補と言われる子飼いの稲田大臣でさえ、

その情緒不安定振りが懸念され、

防衛省職員から総スカン

だと言うよ。

安倍マリオがフォローしているとも思えないのは

どうしたわけか

(日刊ゲンダイ記事「防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定」参照)。

☆ 記事URL:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191964/2

長谷川さん、あなたの場合も

それだ。

情緒不安定振りは、

いかにも安倍マリオの仲間らしいな。

しかし、役割としては、

知的障害者施設「津久井やまゆり園」襲撃犯の

植松聖容疑者と何も異ならないと思う。

もはや使用済みってところだな。

稲田大臣と同様、

どこからも救いの手はないだろうよ。

せいぜい身の処し方、

高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんから

「暴行を受けた」

と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員(42歳)に

相談でもしてみるがいい。

救いの手がないどころではない、騒ぐほどに

益々、世間から失笑されることを請け負って貰えるんじゃないか、

おお、本当、ネトウヨらしい、と。


<追記>

長谷川がどんな嫌がらせを受けていたか、

にこにこニュースが

本人談として

――先週より、妻の名前や息子の名前宛に、卑猥な写真や性的な玩具が送られて来ています――

ということ伝えていた。

☆ 記事URL:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2448602

これが事実なら、

とても卑劣な嫌がらせと思う。

しかし、ちょっと待てよ!

と思うな。

こういう嫌がらせは、

ネトウヨが

専売特許ではなかったか。

実際、これまで散々にやって来たことではないか――。

たとえば、

山本太郎氏が天皇に直に

手紙を渡したとき、

実弾が送られたという。

また、シールズの女子学生相手に

卑猥な写真が送付された話は、

さんざ聞かされた。

また、家族を脅す手口は、

松井計さんへの嫌がらせとして見られた。

以上、

ネトウヨがした嫌がらせは、

山のようにある。

これに対して、

反・アベ側がネトウヨに粘着して

嫌がらせをする

パターン、

ただの一回でもあったろうか。

長谷川は、

自分の出演している番組は8本もあり、

批判者は、

番組を通して叩き潰すと言わんばかりだった。

あるいは、

医者の言葉を引き合いに出し、

あるいは、

患者自身のブログの記述を盗み取って、

“取材”の権威で

威圧しようとしていた。

かつて、

野宿者の越冬支援のとき、

彼らは、

支援された資金をもって

パチンコに行くか、

酒を飲むんでいるかのどちらかだとして、

嘘の報告が

でっち上げられたことがあった。

長谷川の

訴えることを聞き、

それらのことを思い出した。

一度あることは、二度あるという。

思っくそ

「狂言」の

類ではないだろうか――。

2016年10月18日夜 記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日(月)のつぶやき | トップ | 愛情は、奇跡を可能にする ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。