のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

なぜ多数決主義は民主主義ではないのか

2017年06月17日 00時15分39秒 | ファシズム
中野昌宏 Masahiro Nakano@nakano0316 さんが

とても分かりやすい説明をされていますので紹介します。

――古いマンションに、エレベーターをつけようとしました。仮に5階建てとしますね。当然費用がかかるので、住人がそれをどのように負担するのかを議論します。1階の住人は、エレベーターができても何の利益もないので、払いたくないと強硬に主張しました。2階から上の住人は一計を案じて、(続〔19:45 - 2017年6月15日〕――


――「あの1階のやつら、ムカつくからあいつらだけに負担させようぜ」と根回ししました。「1階の住人が全額負担する」という案が出され、多数決が取られ、可決されました。2階から5階の住人は、負担額なしにエレベーターを利用できるようになり、喜びました。
という話をどう考えるか、ですかね。〔19:49 - 2017年6月15日〕――

――多数決は、少数派にしわ寄せを押しつけることのできる決め方です。だから、禍根を残す決定を避けるなら、少数派が納得できるように多数派側の配慮が必要です。それを調整するのが「議論」なのですが、その配慮を欠くとマンションや自民のような横暴になります。〔19:54 - 2017年6月15日 〕――

――沖縄問題なんてそうですよね。「沖縄に米軍基地を集約する」ということに47都道府県で多数決をとったら、46は賛成するということになるかもしれません。たとえ沖縄県がイヤだと言っても単なる多数決ではどうにもなりません。これを正義(公平)と呼べるのか、という問題です。〔19:57 - 2017年6月15日 〕――

――※マンションの例は新聞か何かの記事の受け売りです。悪しからず。〔1:53 - 2017年6月16日 〕――
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩生田副官房長官 ズブズブの... | トップ | 新潟NHKニュース / 「原発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ファシズム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。