のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

トランプにつき、未だ譬えるものを間違えている日本のインテリ ~ お嬢さん、中沢けいさんの場合

2017年01月30日 16時59分58秒 | 世界の中の日本
中沢けい @kei_nakazawaさんのツイート。

-—ほんとによく似ている。おんなじようなことを言い出す。
「NYタイムズは廃刊を」=米大統領が暴言ツイート(時事通信) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000011-jij-n_ame … #Yahooニュース〔10:01 - 2017年1月30日 〕—―

どこがどう似ているんだろうな。

自民党の私的な会合で

「あの沖縄のメディア2社を潰す必要がある」

という陰謀めいた

卑怯な当てこすりをしたネトウヨ作家とは月と鼈だ。

たとえるなら、

MXテレビや、ニュース女子、DHCとの関連で言うべきだ。

たとえば、

このメディア、ぶっ潰すべきだとかね。

そんな乱暴なことを言わないってか。

たとえ女性であっても、

そんな風に

乙にすましている内は民主主義者じゃない。

つまり、戦闘性を内に含んでなきゃ、

民主主義じゃないんだよ。

トランプ批判が

メディアの誘導に沿っていることを、

中沢けいさんは、

恥ずかしいとは思わんのかな。

乱暴かもしれないけど、

「かたをつける」

という言い方を好む

Okinawaot@okinawaot さんの主張の方が

説得力がある。

この人は、

言う。

――例え謝罪したとしても、お正月の団らんの炬燵にミカンとか、食べながら私らの島を侮辱し笑い物にしたことは記憶から消えないし、第二、第三の奴らが模倣するのは間違いない。だからここでかたをつけないと。検証し再発防止までが最低限の彼らの負うべきもの。〔17:30 - 2017年1月28日 〕—―
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほらを吹く大手メディアと闘... | トップ | 片山さつきが「米国の教科書... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界の中の日本」カテゴリの最新記事