のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

今の若者のイメージ

2017年06月14日 02時04分41秒 | 洗脳
高野敦志‏ 
@lebleudeciel38さんのツイート。

――今の生活がいいから与党を支持している若者は、この数年間で安倍政権が何をやって来たか全く知らないんだろう。報道の自由が世界第72位で、国内総生産が世界第43位に、子供の6人に1人が貧困家庭になった事実も知らない。スマホでLineばかりしているけど、共謀罪で他人に読まれるよ。#共謀罪〔13:05 - 2017年6月13日 〕――

今、17、8歳の人にはこのタイプが多そうだ。

しかし、なぜ、

そうなのかと言うと、

大人の責任だろう。

まず、

家庭内で政治の話をしない!

子どもは、

親の背を見て育つ。

その親が政治をタブーにしていれば、

子は、

その問題に触れなくなる。

その場合でも、

前川事務次官のように

「面従腹背」を

座右の銘にしていてくれれば助かるのだが、

子どもの場合は、

なかなかそうもいかないだろう。

また、TVや新聞をどんなに一生懸命に読んだところで、

肝心な情報が入ってこないという現実がある。

高市総務大臣は、

「停波」をちらつかせて、

言論弾圧をする。

「先進国」というというのは、

他国への

金品のばらまきをする際の口実になっている。

情報が阻害されている程度を基準に考えたら「後進国」も「後進国」、

「後進国」中の「後進国」だ。

政府の政策の是非を検討する材料になるものは、

すべてマル秘だ。

政府の発行する統計資料でさえ、

晋三の

演説に都合がいいようにでっち上げられているようだ。

そんな状況にあって、

世論は、

そもそも政府経由の情報の信ぴょう性を

疑い始め、

かつてにようには流布しなくなっている。

何となく、

子どもたちも政府が発信する情報の

胡散臭さに

気づき始めているんじゃないかな。

その印象が

「与党を支持している」ように見える

ということではないか。

つまり、

「今の生活がいい」と本当に考えているのではなく、

安倍政権に忖度して、

「これだけ、アベノミクスのお陰で我々、国民の生活が豊かになり満足してます」

と明言しないと

どんな嫌がらせされるか分かったもんじゃない――と考えさせられている

ということだろう。

とにかく、この政権に逆らえば、

意地でも戦地に送られる可能性が現実にある。

ひたひたと迫る軍靴の音を

若者たちは体全体で感じているのではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この写真、何か気しょいが―― | トップ | 岸博幸というおっさんは、大... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オランダのメディアも・・・ (和室ファンド(99%庶民へ還元・無添加ハムサンド)む)
2017-06-14 03:52:04
コメント欄での洗脳は続いてますね・・・
若者が保守的とかいうのも、支持率や安倍一強とかと同じで、いつものプロパガンダというか、プロモーションの一つのように個人的には感じます。この洗脳にも多額のお金が流れているのかもしれません。
https://mobile.twitter.com/hiroshimilano/status/874545664243490816

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。