のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

慎太郎の言い訳と嘘は、東京都民の無知に支えられているように見える

2016年09月15日 04時40分54秒 | 日本の現状
兵頭正俊
‏@hyodo_masatoshi さんのツイート。

――豊洲新市場の盛り土問題。慎太郎の責任転嫁が始まった。自明のことだが、最後に知事の決裁のハンコのない工事なんてない。慎太郎はすべてを知り、あるいは空洞建築を指示し、工事は始まったのである。問題はこの程度の嘘が日本では通用してしまうことだ。都民は少しは自分を知らねばならない。〔10:07 - 2016年9月14日 〕——

この人、

こうも言っていた。

――新市場盛り土問題。耐震性どころか、平常の業務にも危険な建造物であることが指摘され始めた。慎太郎がやったことだが、かれはいつも犯行現場にはいない〔21:04 - 2016年9月13日 〕——

逃げ隠れを非難され、

辛抱たまらんようになったのだろう。

13日、

プライムニュースで石原元都知事が発言。

ここに採録しておきます。

「ボクは騙されていたんですね。してない仕事をしたことにして予算を出したのだから。その金、どこにいったのかね」。

これにつき、

平野 浩‏@h_hirano さんが

怒りのツイート。

――毎日都庁に来ず、部下に丸投げした結果であり、元知事には責任がある。無責任。〔8:41 - 2016年9月14日 〕——



この悪意のない顔は、

悪事をし尽くした顔ですね。

覚えておきましょう。

健全な怒りを

忘れるのは罪です。

きっこ‏@kikko_no_blog さんは、

彼の貪欲を責めます。

――石原慎太郎が都民税を好き勝手に使いまくって、連日、何十万円も飲み食いしてたことも、家族や友人を外遊という名の海外バカンスに連れて行ったことも、新銀行東京で1600億円もの赤字を出したことも、すべてスルーしてたマスコミが、その何百分の1しか悪事を働いてない舛添要一を吊し上げて抹殺。〔20:14 - 2016年9月14日 〕——

藍 上男‏@aiueonanoda さんが強調されるのは、

彼の傲慢さ、軽率さです。

――石原慎太郎元都知事が豊洲移転強引計画を発案し、高濃度汚染が発覚しても進めた。今になって「騙された」って①誰に騙されたのか②こんだ重大なことを騙されるほどアナタは歴史に残る「愚かな都知事」だったんだネ。それにしても国民・都民には偉そうな言葉遣いと上から目線が酷かったネ。威詐欺悪男〔22:31 - 2016年9月14日 〕——

自らの無知を棚上げさせるのは、

彼の

誹謗中傷の痛快感です。

東京都民は、

彼の次のようなセリフを聞いて

共犯者になりました。


転載元:渡部 深雪‏@mipom11 さんのツイート〔20:34 - 2016年9月14日

また、この人ほど、

弱者をこき下ろすのに熱心だった人はいない。

あなたは、

この人のそんな生き方に

一度でも本気で怒ったことがあったでしょうか。

きっこ
‏@kikko_no_blog さんが

3・11のとき、

ただ救助を待つだけだけ人が溢れるほどいるときにでた

慎太郎の言葉を

書き留めていらっしゃいます

(同氏のツイート〔20:42 - 2016年9月14日 〕参照)。

何を考えてか、

石原は、

「日本人のアイデンティティーは我欲だ。

この津波をうまく利用して日本人は我欲を洗い流す必要がある。

この震災はやっぱり天罰だ」と

宣いました。

何を言いたかったのでしょう。

改めて、

考えて見る必要があります。

発言があったのは、

東日本大震災の発生から4日後の2011年3月15日でした。

あれよ、あれよと思っている間に

原子炉が爆発しました。

しかし、その映像は、

ひた隠しに隠されました。

その代わり、

露出した情報は、

信じられないほどの津波の犠牲者の人数でした。

誰もが

被災者の安否を気遣い、

無事を祈りました。

そして

国民感情として何かが煮詰まったとき、

出てきたのが

上掲、石原の言葉です。

(そうか、悪いのは、我々だったか――。

そう言えば、我欲を離れては、

欠片ほどのビジョンもなかったっけ)

という風に、

彼に同調しなかったですか。

“我欲”

と言って責められ

石原爺によって卑しめられているのは、

憲法に規定ある

「平和のうちに生存する権利」、

すなわち、憲法に拘泥する権利です。

彼が

これを目の敵にしている証拠に

中国への

挑発があります。

敵は健在だ。

かの国に勝つためには

何も

欲しがるな、と。

実際、日本では、

このようなナショナリズムに着色された

詭弁が幅を利かしているため、

生活保護利用率がとても低いです。

――日本の生活保護費の対GDP比は0.6%。OECD平均のわずか4分の1 ―—

なんですよ。

☆ 記事URL:URL:http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/seikatuhogokijyunhikisage.pdf

貧困にあえぐ人がいても

日本では、

自己責任として切り捨てるのが定番です。

そこから少しでも外れると、

お子様顔した在特会の代表、桜井誠やら

片山さつきが出てきます。

石原爺は、

彼らに異議を唱えたでしょうか。

NOです。

彼が言わんとするのは、

戦争国家に日本が突き進んでいくための

方便に過ぎません。

同時に

麻薬のように彼が欲したのは、

核武装です。

原発は、

彼の国家ビジョンの中にあって、

自分を

正当化するための生命線です。

だから、

断じて脱原発など

させられないということです。

そのため、

震災を機会に

戦争を肯定するための

ロジックを

提供しようとしました。

それが

彼が言うところの

「我欲の洗い流し」です。

彼の主張を聞き入れて

何が

実現するのか――。

冗談みたいですけど、

力の強い者に対する屈服です。

今現在、

その理想は、

南スーダン内戦への

介入によって

なされようとしています。

その点、

ジョージ・クルーニーが

暴き出しています。

なかなか説得的な議論をされていますので、

下に紹介しておきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物と付き合うときの掟 ~... | トップ | 9月14日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の現状」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。