のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

警官は、警察専用雑誌『月刊BAN』によるヘイトの思想教育を受けていた!

2016年10月28日 03時47分24秒 | 日本の現状
サイト「リテラ」の

「『土人』発言の背景…警官に極右ヘイト思想を教育する警察専用雑誌が! ヘイトデモ指導者まで起用し差別扇動」

という記事によると、

警察官御用達の「月刊BAN」という雑誌は、

ネトウヨ丸出しらしい。

☆ 記事URL:http://lite-ra.com/2016/10/post-2648.html

ソウル・フラワー・ユニオン @soulflowerunionさんが

リテラの指摘を受けて、

こんな風なコメントをしていた。

――この記事すごい。警察官の専門誌に極右がゾロゾロと寄稿。挙げ句の果てはネオナチまで。酷いな。〔22:29 - 2016年10月26日 〕—―

山崎 雅弘
@mas__yamazaki さんが

具体的に

寄稿した者の名前を特定してくださっている。

――警官向け雑誌に、恵隆之介氏、百田尚樹氏、渡部昇一氏、西岡力氏、大高未貴氏、吉本貞昭氏、倉山満氏、高橋史朗氏、加瀬英明氏、黄文雄氏、渡邉哲也氏、瀬戸弘幸氏らが寄稿。日本会議系や隣国蔑視系も含め、安倍晋三氏の熱烈支持者が顔を揃えている。〔13:56 - 2016年10月27日 〕—―

なぜか警官が

ネトウヨの思想を有難がって、

ナチ思想を学んでいたという驚愕に実態が明らかになって、

庶民の警察への信頼は地に落ちた!

それだけではない、

世界における

日本の平和ブランドが無茶苦茶になってしまった。

恐るべきことに

「土人」「シナ人」

という差別用語を吐いた機動隊員は、

普段から、

レイシストにかぶれていたわけだ。

沖縄に行って

暴力三昧のこと、平気でするはずだ。

警察が

国民を欺くように

こっそりと

ネオナチを標榜する扇動家を崇めていたなど、

俄かに信じられないけれど、

警察御用達の雑誌、『月刊BAN』には

街宣右翼といっていいチンピラ連中が寄稿している事実からして

その傾向を疑うわけには行かない。

ちなみに、

『月刊BAN』を発刊している出版社は、

実態を隠すためだろう

詐欺師らしく「教育システム」などという、

それらしい名前を付している。

ホームページは、

こちらだ。

☆ 記事URL:https://kyoikusystem.com/books/ban/ban201602.html

サイト「NAVER まとめ」に

それに関する記事が掲載されている。

☆ 記事URL:http://matome.naver.jp/odai/2147754516037639201

ファシストが読むような、

このふざけた雑誌、

税金で購入するなどとんでもないことだ。

警察トップは、

責任を取って辞任すべきだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月26日(水)のつぶやき | トップ | 石原宏高衆議院議員、2008年... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無責任な扇動はしないで下さい (あやか)
2016-10-29 17:30:01
なぜ、あなたは、こういう下品で無責任なブログを書くのですか。
私たちは、日本のくにの治安と平和をまもってくださる、おまわりさんを信頼し尊敬しています。又、警察官が研修のため、有益な書物や雑誌を購読するのは当然のことです。
また、そういう研修用の教材を執筆しているかたは、みな、健全な思想家です。
あなたが、警察や、健全な思想家を誹謗すると言うことは、あなたが、反社会的な思想傾向を持っていることを、みずから自白しているようなものです。
あなたの、年齢や職業は知りません。
あなたが、例にあげてる雑誌を批判したいのなら、どの部分のどの点が、おかしいのか、具体的に論理的に論考すべきでしょう。そんなことは、わたしたち青年でもわかります。
つまり、あなたの態度は、きわめて非論理的であり、非理性的です。
もう少し、常識というものをわきまえてください。
ーーーいっておきますが、わたしは、街宣右翼でもなければ、ネトウヨでもありません。
ーーーこれは、青年の主張です。
追加 (あやか)
2016-10-29 18:11:15
あなたの、プロフィールの項目よみました。
昭和二十六年のお生まれらしいですね。私は、昔のことは、よく知りませんが、たぶんあなたは、昔の学生運動世代か、その後継者世代のかたのようですね。
お母さまを介護なさってることは、たいへんだと思いますし、立派なことだと思います。
しかし、あなたの思想傾向については感心できません、ーーというよりも私にはわからないですね。私は、自由民主党支持者ではありませんが、だからといって自民党政権がとんでもないまちがいをしているとは思えません。ーーま、批判すべき点はあるにしても、おおむね妥当な
政治をなさってるんじゃないですか。これは、十八歳から二十代の青年の平均的な見方です。
例のシールズなどは、青年の代表ではありません。
あなたは、政府批判的な主張を連発なさっておられますが、それじゃあ、日本の国はどうあるべきか、日本の防衛や日本国家の尊厳はどうあるべきか、ーーそういう問題について建設的なご意見はまったくみられません。あなたは、ある程度のお年になっておられるようですが、おっしゃってることは、反抗期の少年の屁理屈とおなじです。ーーいまの青少年のほうが、もっとしっかりしてますよ。
私は、あなたを思想的に転向させようとは思いません。ーーそれはー無理だしょうね。
しかし、お母さんの介護をなさっておられるなら、同じような悩みや苦労、生き甲斐を共有してる人によびかけるブログに専念されたらどうですか。
落書きみたいな政治批判は、する必要はありません。ーー笑われるだけですよ。!
☆ あやかさんへ (忠太)
2016-10-30 04:21:50
落書、ご苦労様です。そこに立ってなさい。
ばかなこというんじゃありません (あやか)
2016-10-30 07:40:35
落書きしてるのは、忠太くんのほうでしょう。
あなた、いくつになっておられるんですか。
私のような未熟者に、説教されてはずかしくないのですか。
私は、これでも、いちおうは、教職資格も、もってるんですよ。
ただし、げんざいの、しごとは、美術モデルですけど。。。。。。。ま、それは関係ないです。。。。。。
いっておきます。ーーあなたのブログには、なんら建設的提言がみられません。
ただ、政権与党にたいする野卑な悪口を書きつらねてるだけです。1293
批判するにしても、第三者からみて、説得力のあるものでなければなりません。

コメントを投稿

日本の現状」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。