のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

金田法相は、安倍政権における理想的な閣僚だ。で、そのわけは――

2017年05月17日 21時59分54秒 | 安倍某とそのお友達
異邦人メディシス‏ @Medicis1917さんのツイート。

――森友問題にしろ共謀罪の法案審議にしろ、安倍政権が徹底的に説明責任を放棄して時間稼ぎばかりに精を出しているのは、「国民は時間がたてば忘れる」という大衆蔑視ともいえる哲学を支柱としているからに他なりません。要するに、連中は政治をわざと停滞させて野党や反対勢力に責任転嫁しているのです。〔12:37 - 2017年5月17日 〕—―

ところで、

サイト「japanese.china.org.cn」によると、

――日本の安倍晋三首相は15日夜、東京都内で父の故晋太郎元外相をしのぶ会に出席した際に、自民党内で次の時代を担う力を育成するため、父を真似て「四天王」を作りたいと述べた。安倍首相と気の合う、極右思想で知られる3人の名前が挙がった。
毎日新聞によると、安倍首相は稲田朋美防衛相、松野博一文部科学相、自民党の下村博文幹事長代行の3人の名前を自ら挙げた。—―

とのことだ。

☆ 記事URL:http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2017-05/17/content_40835169.htm

この3人なんだな。



4人目こそは、

一見して能力があり得そうに見えない

秘密兵器だ。

誰あろう、

本稿で取り上げた金田法相と思う。

言われてみると、上掲3人とよくバランスが

取れている納得できるだろう。

この4人が並び立てば、

それこそ恐ろしいほど議論に筋道が立たなくなる。

これ以上、

何をしゃべっても無駄と思える頃、

安倍が断言する。

もう議論はつきました、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【祝!テレビ解禁 安倍の宴!】 | トップ | 記者会見で、記者が菅官房長... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ還元・無添加ハムサンド))
2017-05-18 00:08:19
上西さゆりさんが、twitter でたしか9時間位前に、野党は不信任というカードを切ったため、あさって(日付かわり明日)強行採決のようですね・・・。

大臣が内容をよく理解していないのに強行採決なのでしょうか。

また、忠太さんの紹介されている異邦人さんは、いつもかなりキレのあるツイートをされる方のようで、私も時折拝見させて頂いております。
金田(疱瘡)法相 (こころ)
2017-05-18 13:36:53
生温(なまぬる~)く見てあげれば。(なまあたたかくでは、ありません。笑。)

そもそも法相に任命されたのが運のつき。
金田本人が何が何だか訳が解らなくなって、頭の中はグチャグチャでしょう。

金田法相は大臣としてハッキリとした答弁は求められるのは当たり前ですが、しかし内心は「何でオレばかり…麻生も安倍も汚いな、こんな矢面に立たせるための法相だったんだな」と恨み節が聴こえそう。
法相本人が共謀罪なんて個人的にはしたくないのかも。
シナリオペーパーを見ながら答弁するのも金田の個人的意思とは違い、四苦八苦しているように見えます。
もう破れかぶれ、本人は辞めたくて仕方ないのでは。?

安倍の閣僚人事は、その位置に相応しくない人を敢えて宛がう嫌らしさがあるようです。
そして人材不足。

そもそも相応しい人物は3人程度。与党にはあとは見当たりませんけど。

出戻り安倍が総理をやってるくらいですから。ふぅ。
与党にはもはや変なの(一癖二癖の多種多様か、世間知らずなボーッと数合わせのお飾りのみ、何しに居るのお前)しかいませんからね。
案の定 金田不信任案は否決 (こころ)
2017-05-18 15:06:30
すべて数の論理のみ。

どんな不信任案を突き付けても、インチキ政党与党ではインチキ選挙の賜物議員の数で、インチキに否決されてしまいます。

全ての根幹の選挙の不正にも本腰を入れて欲しいものです。
選ばれていないものが政権をとると国が滅びますから。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ還元・無添加ハムサンド))
2017-05-19 12:34:15
こころさんの仰るとおり、金田大臣はこの法案を理解していないようです。
こんなのを通すわけにはいけないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。