のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

塚本幼稚園職員の表彰への批判 実は、ブーメランではなかった。口から出まかせの安倍でんでん、恥を知れ

2017年03月20日 22時37分13秒 | 安倍某とそのお友達
2017年2月22日、

衆院予算委員会において大西健介議員から

塚本幼稚園の職員を表彰したことにつき批判されたとき、

安倍でんでんは、

内一回は、

民主党政権下、野田政権のときに、

「文科相が政権ぐるみで表彰したもの」だ、

と抗弁した。

ネトウヨたちが大変に喜んで

「巨大ブーメラン」と騒いでいた。

この衝撃の大きさは、

わざわざブログ記事において取り上げられていることからも

推測できる。

たとえば、

「何か面白いことないかな」というサイトにおいて

―― いやあ、見事なブーメランでしたね。こういうのは報道されない?――

といういかにもネトウヨらしい感動(!)を素直に述べている。

☆ 記事URL:http://paradoxin.net/archives/3487

下の動画に、

踊っているような文章の羅列が

ネトウヨらの喜びの大きさをよく表している。



僕も

うっかり安倍でんでんの言葉を信じてしまった。

しかし、実は、

でんでんのその場しのぎの嘘だったって話だな。

3月17日付の東京新聞が

その旨伝えている。



仮初めにも

安倍でんでんの言葉を信じてしまった

自分が忌まわしい!

このおっさんの言うこと、

全部、嘘だ

と信じていて丁度みたいだな、

改めて反省した。

ところで、

上掲、東京新聞の記事は、

山崎 雅弘‏ @mas__yamazakiさんの

次のツイートによって知った。

――今も「戦前戦中の価値観を継承」している人は、目の前の物事に対処する際も「戦前戦中と同じ思考形態」でしてしまう。画像は3月17日の東京新聞記事だが、政権中枢の首相や防衛大臣による事実歪曲や隠蔽のやり方が「戦前戦中の指導部のそれと通底している」との高橋哲哉東大教授の指摘を挙げている。。〔17:36 - 2017年3月20日 〕――

山崎さんは、

菅野完氏の「日本の右傾化は、単純な戦前回帰ではない」

(拙稿「菅野完‏ さん / 「(今、日本で起きてる右傾化は)戦前のそれと、向かう方向が違う。もっと陰湿で悪質」」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/259434ab882ebd622d53a0909b144067

とする考え方への

異論として提示されたものかもしれない。

しかし、今、安倍でんでんについて述べた逸話が

現代日本の右傾化がいかに陰湿で

悪質かを物語っている。

太平洋戦争のとき、

安倍でんでんのような嘘つきで卑怯な人間は、

リーダーをやってなかった。

そのことを

我々は、

軽く見るべきではないかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三の防衛大学訓示では... | トップ | 籠池氏 / 「関わった議員は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。