のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

法務委員会与党理事が「テロ準備行為」の好例を示唆、机をたたいた(!)と

2017年04月24日 09時18分44秒 | 日本の現状
きむらとも@kimuratomo さんのツイート。

――「机をたたいたので」と。なるほど「テロ等準備罪」を審議する法務委員会の与党理事によって、こくらいでも「テロ準備行為に該当する」という「極めて分かりやすい好例」がハッキリ示された。さあ一般人も国会議員も、政権に逆らうだけで処罰の対象だ。〔16:27 - 2017年4月22日 〕—―

〔資料〕

「「テロ行為だ」自民がヤジ 局長に詰め寄った民進議員に」

   東京新聞(2017年4月22日 朝刊)

☆ 記事URL:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017042202000137.html

 「共謀罪」法案を審議した二十一日の衆院法務委員会で、法務省の林真琴刑事局長の席に詰め寄った民進党議員に、自民党の土屋正忠理事が「テロ行為だ」とヤジを飛ばしたとして、民進、共産両党が抗議した。
 民進党によると、同党の階猛(しなたけし)氏が金田勝年法相に質問した際、代わって答えようとした林氏に答弁は不要だとして歩み寄った。野党理事らが鈴木淳司委員長(自民)の席に集まって対応を協議したところ、土屋氏がヤジを飛ばしたという。
 民進、共産両党の国対委員長は、自民、公明両党の国対委員長と国会内で会談し、謝罪と撤回を求めた。自民党の竹下亘国対委員長は「事実関係を確認する」と応じた。
 土屋氏は本紙の取材に対し「階氏が刑事局長の机をたたいたので、やりすぎではないかと思い、ヤジは飛ばしたが、中身は記憶していない」と話した。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月23日(日)のつぶやき その2 | トップ | 在特会に拉致被害を訴えさせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の現状」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。