のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

日刊ゲンダイがついに、如何わしい世論調査の問題を取り上げた。ここまで来たら、不正選挙の可能性への言及まで、あと一歩かな。それとも、結局は、腰砕けか

2017年05月11日 03時43分15秒 | 世論調査

転載元:KK‏@Trapelusさんのツイート〔15:41 - 2017年5月10日



新聞社やテレビ局各社は、

政権の願望をそれぞれに忖度して世論調査のデーターとして

出しているのでしょうか。

日本のメディアの権力に媚びる傾向は、

目に余ります。

是非とも、報道の使命に立ち返って頂きたいものです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日刊ゲンダイ:高野孟さん /... | トップ | 5月10日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世論調査の公平性 (tairat)
2017-05-11 12:22:17
安倍総理は、自己の政策が、幾ら批判を受けても、政権の支持率が高いことを理由に、無理難題を国民にごり押ししてくる。ならば、世論調査は、一部の怪しげな調査機関でなく、昔のギャラップ調査の様な、権威有る中立機関で行なうべきである。
programming (こころ)
2017-05-11 14:04:27
プログラミングで総理になった事は、もはや隠しようがない事実。報道できないだけでしょう。(大罪で政権が即効で終了)

全ての根幹はここ。
調査も同類項会社なればこそのプログラミング不正。
どのような法案も、この不正プログラミングで掻き集めた、お飾り自民議員人数で強行採決できると確信がある故の、あの前代未聞の態度なのでしょう。司法まで牛耳っていれば、全ては有利に運ぶと踏んでるとしか思えないのが、あの薄気味の悪さから伺えます。

政治的に疎い知人曰く、何を言ってるのかさっぱり解らない、様子が変じゃない?病気なんじゃない?と。(確かに…ある意味では病でしょうけど。笑。)

プログラミングに関しては公明党も同類。

ご都合な側に引っ付く公明党は、ボチボチ離れるべきところ。
それが出来ないのは、選挙を勝たせて貰った手前、考えが多少違っても引っ付くしかない現場。公明党存続・議員確保という保身のために。(婦人部の方々は、安保法案の強行採決辺りから特にお怒りのようですが。)
近所のガッカイさんも、こそこそしていますし、勧誘・宣伝のピンポーンもめっきり減りました。(端から、モニター確認で応答しませんが。)

森友辺りから形勢不利な維新。

公明と入れ替わるようにしてすり寄ってる感。
そもそも自公維・日本のこころの党は同じ穴の狢ですからね。
公約の虚言癖党ならお任せ!とばかりの自民党公明党。

日刊ゲンダイだけが孤軍奮闘して頑張っていますね。
日刊ゲンダイが購買トップになるよう、出来るだけ購読しようと思います。(近所のコンビニは、売り切れてる場合が多いです。。)

コメントを投稿

世論調査」カテゴリの最新記事