バイオレットのお絵かき☆ダイアリー

折々に描いた俳画や水彩画を展示して、勉強の励みになれば…
そんな想いで、また新たな出発です。

初めてのバラ~生徒さんの絵、それから私の絵も~

2016-09-22 08:53:10 | 水彩画
初めてのバラ~生徒さんの絵、それから私の絵も~

随分と記事の更新をさぼってしまいました。
そんな当ブログなのに、それでもご訪問下さる方々がおられて本当に申し訳なく、また有難く思っている次第です。
そういうことで、久しぶりに更新をさせて頂きますね。

水彩画の生徒さんが知人のお花屋さんからたくさんのバラをもらってこられました。
どれも咲き誇っていて、もうすぐ散る一歩手前って感じでしたけど…。

その生徒さんはバラを描くのが初めてということで、難しいとは思いましたが、あえて挑戦してもらいました。
まずメインになるお花を決めて、それを中心に他のお花は少しずつ色も淡く、形もやや省略してもらいながら、遠近感を感じ
させるように構成してもらいました。

それで描き上がったのが下の絵です。
初めてとは思えない素敵な出来栄えです。





ついでに私も参考までにと描いてみましたが、これは構図が悪くてダメです。
と言いながらも一応Upしておくことにしますが…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルリタマアザミとオミナエシ(F4)

2016-08-07 09:43:53 | 水彩画
先日教室で描いてきた絵です。
紫色の丸いお花はルリタマアザミというそうです。
葉の形がアザミに似ていることからそう呼ばれているみたいです。
もうひとつは秋を代表するお花のオミナエシ。

これら二つを組み合わせて描くと、もうすっかり初秋の雰囲気になりました。
草原で、秋風に揺れながら咲いているという感じでしょうか。
毎日続く猛暑も、この絵を描いている間は爽やかな風が吹きわたっているような気分になれました。
絵にはそんな効果もあるんですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生徒さんの団扇~~~それから ONE OK ROCK のことも少し…

2016-07-18 15:02:59 | 水彩画
7月の教室では、「うちわに絵を描く」をテーマにしています。
生徒さんのお一人の作品が出来上がりましたので、見てあげてください。



我が家の庭のキキョウを参考にして描いてもらいました。
少し絵の具が濃くなり、ちょっと不透明水彩のような感じになりましたが、
キキョウをアレンジした図案のようで、素敵な団扇になったと思います。

団扇にはサインよりも落款が似合いそうなので、最後にはんこを手書きで入れてもらいました。

下の方の写真はその時ご一緒に描かせてもらった私のうちわです。
イマイチの絵ですが、一応添えさせてもらいます。




ところで、最近私の中でヒットしている曲があります。
ONE OK ROCK というロックバンドの Wherever you are というバラード曲です。

偶然 YouTubeで見つけたのですが、すごく素敵な曲で、すっかりハマりました。
とりわけヴォーカルの Taka の素晴らしい歌唱力には圧倒されます。
それに英語の発音も上手!です。
彼は歌手の森進一さんと森昌子さんの息子さんだそうです。

オススメの曲、良かったら、というか、是非一度聴いてみてください。
ちなみにこのバンドは今世界的にも人気があるみたいですよ。ここから…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒蝶(ダリア)~F4

2016-07-15 14:46:39 | 水彩画
お花を描く教室に出席してきました。
今月のモチーフはダリアです。
「黒蝶」という種類だそうです。

赤黒い色のお花はなんとも妖艶な感じ。
私自身、ダリアはあまり描いたことがないお花です。

たくさんの花びらのお花はあまり好きじゃない!
だって難しいですもの。

それでも頑張って描きました。
思いっきり大胆にかつ幻想的な雰囲気を出したいと思いましたが、
描き上がったら、やはりいつもの私の絵です。

先生には「お上品です」なんて言われちゃいました。
私、まだ殻を破れないみたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

静物~生徒さんの作品(F4)

2016-06-30 14:17:47 | 水彩画
先日の教室で仕上がった生徒さんの作品2点です。
チューリップをあしらった小物と赤と黒の漆器のカップ、それに下にはハンカチを敷いて構図を作られました。

お二人ともまだ初めて1年足らずでここまで描き上げられたのはさすが!
どちらもカワイイ雰囲気が出ていますね。

それに、だいぶ水彩画の雰囲気が出てきているので、これからもこの調子で頑張ってほしいと思います。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

そして、また雨…(F4)

2016-06-25 08:57:39 | 水彩画
先日お花の水彩画教室に出席してきました。
テーマは「アジサイ」。

教室には、額アジサイや白いアナベルなど色んなアジサイが準備されていましたが、
私はあえて一番華やかな色のアジサイのテーブルにつきました。
ピンクと紫、それにブルーのアジサイです。

花瓶に挿されていましたが、雰囲気的には実際にお庭に咲いている感じにということで描き進めました。
描き上がった絵を先生に見て頂いたら、先生からは「完璧です。」というお言葉が返ってきました。

その時は素直に喜んで帰ってきましたが、しばらくすると、それって本当にいいことなの?
とちょっとひねくれた考えが浮かびました。

完璧な絵って、結局全体としては整っているかもしれないけど、
絵そのものが良いという意味ではないかも…ってことです。
完璧な絵が必ずしも良い絵とははかぎらないでしょ?

なんだか素直に喜べない自分がいたりしますが、
それでもまあ、今の私の技術ではこういう絵しか描けないんですけどネ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちわにアジサイ

2016-06-21 15:00:48 | 水彩画




庭のアジサイを切ってきて、うちわに描いてみました。
実はこのうちわは以前100円ショップで見つけて買っておいたもの。
表は金魚の絵柄になっていますが、裏は白いままなので、
ここに水彩画でちょっと絵を入れてみたらどうかな?と思いついたのです。

どうせ水彩用紙に描くようなわけにはいかないだろうと覚悟を決めて描き始めたら、
案外絵具がうまくのってくれるのです。
それで描き上がったのがこれです。

これなら教室の生徒さん達にも、もし良かったら描いてもらったらどうかな?
賛成してもらえたら、7月の教室でトライしてみようかと考えています。

自分で描いた絵のうちわで扇いだら、きっと涼しいことまちがいなし!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクのカサブランカ

2016-06-16 09:27:18 | 水彩画
生け花の先生をしている友人からお稽古で残ったお花をもらいました。

その中にピンクのカサブランカ(たぶん)があったので描いてみようということに…
ピンクのお花なら背景にはブルー系とかパープル系が合うかなと思ったのですが、
ふとデービスグレイという色の絵具を思い出して、バックに使ってみたくなりました。

デービスグレイを基調にして、リーフグリーンを飛ばしたり、紫を飛ばしたり…
で、こんな感じの背景になりました。
最初に思い描いていたのとはかなり違う色合いになってしまい、
結局はこの背景がお花のきれいなピンク色に邪魔をしたようです。
本当に背景色って難しいです。

それに、ユリの表現もイマイチ!
失敗作となりましたが、一応アップして、自分の反省材料として記録しておこうかな?ってことです。
せっかくアルシュを使ってみたのに、こんな絵を描いているようじゃ、水彩紙に申し訳ないなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カサブランカ~生徒さんの絵

2016-05-27 10:56:50 | 水彩画
先日仕上がった生徒さんの絵2点です。
お花屋さんにお知り合いがおられてもらってこられたカサブランカです。

大きなお花を描くのは初めてですが、お二人とも画面いっぱいに大胆に描かれています。
水彩画を始めてまだ1年足らずですが、それぞれに絵に対する良い意味での自己主張をもっておられるのが頼もしいです。
最初にこんなふうに描きたいという目標を持って取り組まれるからです。

お花屋さんではユリのしべは汚れるので、最初から取り除いていることがほとんどです。
それで、絵の中ではしべを描き込んでもらって、絵にアクセントをつけてもらいました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アケビの花(F4)

2016-05-18 20:49:08 | 水彩画
先日のお花の水彩画教室で描いたアケビの花の絵です。

実物ではなく、数枚の写真を参考に少し合成も加えて構図を作りました。

私自身、実際にはアケビの花を見たことがありません。実なら見たことあるんですけど…

なので、ちょっと写真だけでは実感がわかないというのが正直なところ。

教室では時間内に描き上げることができず、帰ってから少しお花の部分を丁寧に仕上げました。

それにしても、小花というのは難しいですぅ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加