バイオレットのお絵かき☆ダイアリー

折々に描いた俳画や水彩画を展示して、勉強の励みになれば…
そんな想いで、また新たな出発です。

蝋梅(ろうばい)

2017-01-14 09:22:13 | 水彩画
今日は蝋梅の絵をアップします。
先生が準備されいた枝にはあまりお花が付いてなくて、蝋梅の写真を参考にしながらの合成した絵になりました。

お花を合成しながら描くのはなかなか難しいくて、とりわけ花びらの蝋のような質感を出すのに苦労しました。
先生には「全体のバランスがいいですね。」とは言って頂きましたが、反応はイマイチで…
それでも、教室の何人かの方から「素敵ですね。」なんてお声をかけて頂き、ちょっと気分を良くしました。
とは言え、あまり満足のいく絵ではありませんけどね。

後日妹に見せたところ、彼女、即座に「蝋梅やね。」って言ってくれたので、私、「良くわかったね。」ってビックリ!
へぇ~、この絵、蝋梅に見えるんだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます

2017-01-04 09:39:27 | 水彩画

当ブログにご訪問下さる皆様、明けましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

実は、昨年作成した年賀状には2種類ありまして、迷った結果本番はもう一つ別の方を使ったのです。
それで、今日アップしましたのは、不採用になった方の年賀状です。

このまま日の目を見ないでお蔵入りするのも可哀想と思い、ブログの方で見て頂こうということです。
昨年描きましたお花の絵ばかりを集めて散らしたものです。

ところで、昨年はお絵描きをちょっとサボったりして、ブログの更新も途絶えがちでした。
なので、折角お立ち寄り下さった方々に申し訳ないことをしたと反省しきり。

今年は心を入れかえて、もう少し更新の回数を増やすべく努力してまいります。
とは言え、何分怠け者のvioletのことゆえ、またまた滞りがちになるやもしれませんが…
どうか皆様、お見捨てなきよう、たまには覗いてやってくださいね。よろしくです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サザンカの小道(F4)

2016-12-16 09:17:45 | 水彩画
大学のキャンパスへと続く小道に沿って、サザンカの垣根がありました。
冬にはピンクの花が色鮮やかに咲いて、冷たい空気の中で、パッとそこだけが温かい光に包まれているように感じました。
学生時代の遠い日の思い出…

教室でサザンカの花を描きながら、ふとそんな懐かしさを覚えたのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皇帝ダリア(F6)

2016-12-15 14:33:52 | 俳画
ご近所さんから畑に咲いた皇帝ダリアを一枝頂きました。
背の高い大輪の花が見事なダリアで、最近ブームなのか結構お目にかかることが多くなったようです。

先ずは俳画で描いて、そのあと水彩画で…
と思っていたら、俳画が描き上がったところですっかり元気がなくなり、花びらが散ってしまいました。
なので、今回は水彩画は断念して、また次の機会にということにします。

私が持っている顔彩では、実際のお花の色がどうも出しにくく、結局はやや沈んだ感じになってしまいました。
本当はもう少し鮮やかピンクなんですけどネ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリーブの実(色紙と短冊で)

2016-11-27 19:04:59 | 俳画
「今年は初めて実をつけました」と、知人からオリーブの枝を一枝戴きました。

過日その方のお宅を訪問した時のことです。
お庭のオリーブの木にいくつかの実がなっていました。

オリーブの木を見るのは久しぶりで、実際に実をつけているのを見るのは初めてかもしれません。
まだ完熟じゃなくて、緑と赤紫のグラデーションが何とも美しい!

早速俳画で描くことにしました。
一枝なので、先ずは短冊に…。
う~ん、上手く構図がとれてない!
と、今度は色紙に…。
色紙の方は構図上、1本では物足りないので、小さい枝を一枝追加してみました。

かわいい実の雰囲気が思ったほど出てません。
が、いつかその方にお会いすることがあれば、一応見て頂こうかな?
なんて思ったりしています。

ちなみにその方、日本画の先生なんですけどね。


          


          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千両(F4)

2016-11-23 13:29:28 | 水彩画
先日妹が庭にある千両の枝を切って持って来てくれました。
真っ赤に色付いた実がたくさん付いている千両です。

早速水彩で描いてみたら、すっかりお正月気分になりました。
実の配置がイマイチで、構図は気に入ってはいませんが、一応見てやって下さい。
もう少し実の大小や密度にこだわってみるべきだったと反省しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サネカズラ(F4)

2016-11-06 14:20:23 | 水彩画
久しぶりにお花の水彩画教室に出席してきました。
テーマは「サネカズラ」。ツル状の植物です。
真っ赤な実がとても印象的でした。

赤い実は今までにも何度か描いたことがあります。
今回はその赤がけばけばしくならないように、秋らしい落ち着いた雰囲気を出すために
少しバックの色をシックにしました。
如何でしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立山にて~生徒さんの絵(F4)

2016-10-30 15:08:20 | 水彩画
先日完成した生徒さんの絵をUPします。
夏に旅行された立山だそうです。
少し雪渓が残っている夏山が瑞々しくて素敵です。

現地で撮ってこられた写真を見て描かれましたが、
やはりその場の空気を味わってこられただけあって、
雄大な立山の雰囲気がよく表現されていると思います。

山小屋は実際はもう少し暗い色合いでしたが、やや明るめにしてもらって、
山の緑の中でのアクセントになるようにとアドバイスしました。

これからは旅行に行かれた先々で絵になる場面を写真で切り取ってこられるのでは?
絵を描くという観点から、風景もきっと今までとは違った角度から見てこられるのでは?
なんて思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

短冊にしたら…(ルリタマアザミとオミナエシ)

2016-10-09 14:34:03 | 俳画
だいぶ前に描いた俳画の短冊です。
お花の教室で描いたモチーフをもらって帰ったことがあって、久しぶりに短冊に描いたものです。

私はなぜかあの短冊の細く限られた空間が好きで、どんなふうに構図を作るかという点に興味があります。

メインのお花はやはりルリタマアザミの方にしたいと思い、オミナエシをバックに配してみましたが、
色的にはオミナエシの黄色が前に出てきてしまったようです。

アップするのを忘れていたので、一応見てやって下さい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのバラ~生徒さんの絵、それから私の絵も~

2016-09-22 08:53:10 | 水彩画
初めてのバラ~生徒さんの絵、それから私の絵も~

随分と記事の更新をさぼってしまいました。
そんな当ブログなのに、それでもご訪問下さる方々がおられて本当に申し訳なく、また有難く思っている次第です。
そういうことで、久しぶりに更新をさせて頂きますね。

水彩画の生徒さんが知人のお花屋さんからたくさんのバラをもらってこられました。
どれも咲き誇っていて、もうすぐ散る一歩手前って感じでしたけど…。

その生徒さんはバラを描くのが初めてということで、難しいとは思いましたが、あえて挑戦してもらいました。
まずメインになるお花を決めて、それを中心に他のお花は少しずつ色も淡く、形もやや省略してもらいながら、遠近感を感じ
させるように構成してもらいました。

それで描き上がったのが下の絵です。
初めてとは思えない素敵な出来栄えです。





ついでに私も参考までにと描いてみましたが、これは構図が悪くてダメです。
と言いながらも一応Upしておくことにしますが…。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加