教科書やマニアルにはない考え方。

これはいずれ本を書くためのメモみたいなものなので、理解不能・誤字脱字でいっぱいです(^▽^;)

分業⑤・・・・『知への欲望』・・・・(私から、大切な者へ)

2016年09月15日 | 日記

2016年09月01日 | 日記より)

『共感』は『道徳』を築くものでも、

名誉となったとしても、

一時の成功で完全なる成功なんてものはないんだよ^^

 

『道徳』は既存の仕事や生活に新しい『共感』という『圧力』がかかることによって変形してゆく。

 

それは成長や学習の原理に似ているよ^^

楽しいことからさらに楽しいことへ向かう、

『知への欲望』だよね。

不快なものからさらに不快のものへ、

これも『知への欲望』だよ。

(怖い話がそうだろ^^)

新しい『共感』という『圧力』がなくては、

個人の成長や学習もなければ、

発展なんて言う言葉も生まれやしないんだ。

 

その中で濃く残っている『道徳心』が『本能』ってやつだよ。

『喜怒哀楽』、これはまさに始めの『道徳』であり『本能』であり、

基盤であり、生きていくための根拠なんだよ。

 

だから今でも争い、悲しみ、生きている幸せを味わい、

子を世話することができるんだ^^

 

この最初の動物界共通の『本能』がなくては、

子孫はなく、現世界での生はなかったと思うよ。

そして男女の関係が上手くはたらいている動物ほど、

後の世の世界を(直系の子孫たちが)、

見る権利を確実に掴んでいるはずなんだよ^^

 

そしてさらに、

人間は『知への欲望』を発達させていった・・・・・つづく・・・・・。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月14日(水)のつぶやき | トップ | 9月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL