結~つなぐ、ひらく、つむぐ~

身近な自然や社会との関わりを通して、マイペースで、新たな自分探しに挑戦しながら、セカンドライフ、スローライフを楽しむ。

沖縄地方、梅雨明け、リュウキュウアブラゼミ…明日は「慰霊の日」

2017-06-22 | 癒し

 6月22日11時00分、沖縄気象台は、「沖縄地方は梅雨明けしたと見られる」と、発表しました。梅雨期間の降水量(5月13日から6月21日まで)は、那覇、名護、久米島、南大東島で平年値を上回り、宮古島、石垣島、西表島、与那国島は平年値を下回っています。

梅雨の時期に関する沖縄地方気象情報第2号 沖縄気象台発表

(見出し)沖縄地方は梅雨明けしたと見られます。
(本文)沖縄地方では太平洋高気圧に覆われておおむね晴れています。向こう一週間は、湿った空気の影響で雲の広がりやすい所もありますが、太平洋高気圧に覆われて晴れて暑い日が多くなる見込みです。このため、沖縄地方は、6月22日ごろに梅雨明けしたと見られます。
(参考事項)平年の梅雨明け:6月23日ごろ、昨年の梅雨明け:6月16日ごろ。
 梅雨期間降水量(5月13日から6月21日まで)(速報値)

           降水量(ミリ)平年値(ミリ)
那覇          687.0  368.7
名護          819.0  353.3
久米島         810.0  417.3
南大東島        517.0  310.2
宮古島         258.5  292.3
石垣島         224.0  324.4
西表島         247.0  275.4
与那国島        177.5  266.8

(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変
わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見
通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過
を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合
があります。
(引用)気象庁、気象情報(http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/111_04_936_20170622020628.html

 ここ数日雨続きで、「リュウキュウアブラゼミ」の抜け穴や抜け殻があまり見られませんでした。今日は晴れて梅雨明けが宣言されました。公園のガジュマルの根の近くに抜け穴が増え、植え込みの草木や木の幹に、抜け殻が多く見られるようになりました。「リュウキュウアブラゼミ」の方言名は「ナービカチカチ」です。木の幹にとまり、「ジリジリジリジー…」と鳴いている成虫を何匹か観察しました。


0622-01 抜け穴

0622-02 抜け穴

0622-03 抜け穴

0622-04 抜け穴

0622-05 抜け穴

0622-06 抜け殻

0622-07 抜け殻

0622-08 抜け殻

0622-09 抜け殻

0622-10 抜け殻

0622-11 抜け殻

0622-12 抜け殻

0622-13 抜け殻

0622-14 成虫

0622-15 成虫

0622-16 成虫

0622-17 成虫

0622-18 成虫

0622-19 成虫

 明日は「慰霊の日」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イワサキクサゼミの観察場所…... | トップ | ジェット機墜落事故から58年…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

癒し」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。