ユニコムかつしかつれづれ日記

NPO法人ユニコムかつしかのパソコン教室活動などのよしなしごとを、そこはかとなくゆるりと書きしるしてまいります

身心一如

2016-12-10 | 日記

 

体調はどうですか・・・いいですよ、とは答えられない日々が続いています。

とくに、10月半ば頃に風邪をひいてからは、今ひとつ体調がよくありません。

体調が思わしくないと、精神的にも何かと影響が出てきます。

 

心身一如。

昔の書き方だと、身心一如、身のほうが先にきます。

それが江戸時代の頃から、次第に心が優先されるようになってきたそうです。

 

戦国の頃のサムライは「腹が減ってはいくさはできぬ」。

江戸になると、「武士は食わねど高楊枝」。

「心学」という学びごとも流行り、身から心へと重心が移ることが近代化の一側面なのかも。

 

文武両道。これは心と身体のバランスをとると理解されがちです。

そうではなく、心(頭)と身体(運動)は分けられないから、文武一体だということ。

心頭滅却・・・禅が武士の剣術から身体性を奪っていったという説もあります。

 

若い頃は、どちらかというとカラダ派でしたが、失恋を機になぜかアタマ派に転向。

なら、老いらくの恋でもすればバランスがとれるか・・・。

と想うのはアタマばかりで、カラダがついてきてはくれません。

趣味ぶろ教室ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二兎を追うものは・・・ | トップ | 草枕 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む