ユニコムかつしかつれづれ日記

NPO法人ユニコムかつしかのパソコン教室活動などのよしなしごとを、そこはかとなくゆるりと書きしるしてまいります

大和心を人とはば

2017-02-12 | 日記

 

日米首脳の2人、どちらもカミさんに蛇蝎のごとく嫌われています。

ラジオで声聞くのはイヤ、新聞やネットで顔を見るのはもっとイヤ・・・実物を見たら死ぬでしょう。

もちろんヘビにもサソリにも罪はなく、罪深いのは人間2人のほう。

 

首脳会談には、わたしもまるで期待していなくて、君、国売りたもうことなかれ、と願うのみ。

そういえば、建国記念日を選んだのは、なにやら象徴的。

もっとも今の首相は保守というより破守・・・経済学者を真似ればアホシュでしょ?

 

文魂理才・・・そんな言葉があることを昨日ネットで知りました。

文系のココロに理系のアタマを持つ、そんな意味合いのようですがよくわかりません。

古くは和魂漢才という言葉がありましたが、そのモジリなのでしょう。

 

明治期になって和魂漢才が和魂洋才になりました。

才は変わりやすく、魂は変わらず・・・でも、和魂というのは具体的に何なのでしょう?

戦時中、大和魂(やまとだましい)という言葉が多用されたようです。

 

それより古くは大和心(やまとごころ)、とくれば本居宣長。

  敷島の大和心を人とはば朝日ににほふ山桜花

ここにある敷島・大和・朝日・山桜・・・いずれも神風特攻隊の部隊名になりました。

 

だからといって、大和心が、桜の散り際のように死にゆく者の心情とは思えません。

もっと素直な気持ちで歌を読めば、もののあわれ、に近い感情でしょうか。

「もののあわれ」とは無縁としか思えない人が保守で通る・・・あわれです。

 

家からそう遠くないところに桜が咲き始めました。河津桜です。

趣味ぶろ教室ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上位と下位 | トップ | 世界で通用するobecca? »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事