ユニコムかつしかつれづれ日記

NPO法人ユニコムかつしかのパソコン教室活動などのよしなしごとを、そこはかとなくゆるりと書きしるしてまいります

一寸の光陰

2016-10-31 | 日記

 

堕落した人生を送ったまま死んだわたし。

死後の世界にも入れてもらえず、タマシイの行き場がなかった。

哀れんだ悪魔からもらった明かりを手に、今も安住の血を求めて彷徨っている。

 

なんて話が、今日10月31日、ハロウィンの祭りの起源にはあるようです。

わたしが手に持った明かりが、ジャック・オー・ランタン。お~、そうか。

例のカボチャをくり抜いて、中にローソクを入れたやつ。もともとはカブだったらしい。

 

そんなことをネットを繰って知りました。

仮装・コスプレなどのお祭り騒ぎもあちこちで増えているようで、こんなページもありました。

http://www.enjoytokyo.jp/feature/season/halloween/event/

 

もっとも8割の人が無関心で、わたしもそのうちの1人。

バカ騒ぎが虚しい、と思ってしまうのは、それだけジジイになったせいなのでしょう。

あるいは生まれついての性格か・・・大勢集まってワイワイやるのが苦手なのかも。

 

土曜日にマンションの理事会がありました。

理事たちの顔ぶれを眺めながら思ったことが、皆さん、ずいぶん歳を取ったなあ・・・。

ここも「年寄りのやかた」になりました。

 

今年も残すところ、あと2ヶ月。

一寸の光陰軽んずべからず 未だ覚めず池塘春草の夢・・・。

あとは出て来ず・・・すでに秋声。

趣味ぶろ教室ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風に吹かれて | トップ | 人はITに追いつけない? »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事