ユニコムかつしかつれづれ日記

NPO法人ユニコムかつしかのパソコン教室活動などのよしなしごとを、そこはかとなくゆるりと書きしるしてまいります

犯罪捜査にハマって

2016-10-12 | 日記

 

近ごろ眼がショボつく原因の一つは、ネットで見放題のビデオをよく見ているせいでしょう。

パソコンで観たり、寝転んでiPadで観たり。

見放題となると、観ないと損する気分になって・・・根が卑しい人間だとよく分かります。

 

観たい映画が一段落したところで、いま、よく観ているのが海外のTVドラマ。

タイトルが「CSI:科学捜査班」、シーズン1が2000年に始まっています。

1話40数分なので、ちょいと息抜きに観られるのがいいところ。

 

テンポがよく、ストーリーも単純すぎず、たいてい複数の犯罪捜査が並行して進む。

テーマが犯罪捜査ですから、死体の解剖画面がよく出てきます。

死後間もない死体から腐乱死体やミイラ死体まで・・・殺され方も様々。

 

解剖画面を観ながら、わたしも死んだらこんなふうに解剖されるのかな?

死後は献体、解剖されることになっているので気になるところです。

死んだあとは見たくても見れない、いまのうちに見ておこう・・・。

 

それにしても死体、遺体がリアルに出来ていることには驚かされます。

内蔵を掴みだしたり、アタマをかち割って脳を取り出したり・・・本物なのか作り物なのか。

作り物だとしたら、ずいぶんと手間暇、すなわちおカネをかけて作っています。

本物なら、いずれわたしも出演料がもらえるかも・・・。

 

わたしが見ている画面を、カミさんが覗き込んで言います。

「よく、そんな気持ち悪いものを平気で見ていられるわね。信じられないわ」

気持ち悪い? これが生命の実相、自分も同じなんだから気持ち悪がってもしょうがないよ。

 

「でも、気持ち悪いものは気持ち悪い。平気で見ていられるなんてヘンタイ」

もしかしたら、わたしもネクロフィリア(死を愛好する者)のケがあるのかな・・・。

それは冗談、屍体や解剖画面を見て興奮しているわけではないので、ご安心を。

趣味ぶろ教室ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の10月は | トップ | 常識よ、我に返れ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む