ユニコムかつしかつれづれ日記

NPO法人ユニコムかつしかのパソコン教室活動などのよしなしごとを、そこはかとなくゆるりと書きしるしてまいります

彼岸に悲願を

2017-09-21 | 日記

昨日は彼岸の入り・・・だよね。

近頃、日付と曜日感覚が崩壊しつつあり、ちょっと心もとない。

土曜日が彼岸の中日。

 

だから休みで来ないよね、と行商の魚屋さんに確認。

「そうです、お彼岸です」

自分がアヤシイと思ったら、人さまに確かめるのが一番。

 

彼岸入りから自分の修行に入りましょう。

彼岸とはあの世、極楽浄土のことです。

此岸はこの世、煩悩に満ちあふれた世界。

 

ん? 何だか仏教づいてしまったかも。

般若波羅蜜多の波羅蜜多が彼岸へ至る道です。

六波羅蜜という教えを実践しましょう。

 

人に施しする

戒律を守る

つねに努力する

苦しくても耐える

自分を反省する

ものごとの真実を見極める

 

以上、6つ。

これを実践するとあなたもわたしも極楽浄土でふたたび会えます。

会いたくない? じゃ、ヤメましょう。

趣味ぶろ教室ブログランキング


この記事をはてなブックマークに追加

夢まぼろしのごとくなり

2017-09-20 | 日記

人間五十年が八十年になり百年になり・・・。

祝の盃が銀メッキになり、やがては銅メッキになるかも。

なんて考えるのは、「年寄りの日」の後遺症。

 

いつのお生まれです?

天正10年でして。

それはそれはまだお若い。わたしなど建久元年ですぞ。

 

てな会話がそのうち日常茶飯に交わされる・・・ことはないか。

天正10年というのは本能寺の変・・・1582年。

織田信長享年49歳で没した年である。

 

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。

その信長が好んで謡い舞ったという幸若舞の一節。

一度生を受け滅せぬ者の有るべきか・・・と続きます。

 

下天とはどこか?

人が輪廻する世界は6つあり、これを六道という。

地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界。

 

天上界の中も六欲天・色界・無色界に分かれ、欲から離れるほど上界に行く。

六欲天のうち最も人間界に近いところに四天王がいる。

この四天王の住む世界を下天という・・・仏教の世界も複雑なんです。

 

下天界の一日の長さは、人間界の五十年に相当する。

かくして、人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。

というわけですが、なぜこんなことを書いているのでしょう?

趣味ぶろ教室ブログランキング


この記事をはてなブックマークに追加

クラクラしそうなクラシック

2017-09-19 | 日記

年寄りの日が終わりました。

もらった赤飯6個も、すべて消化完了。

といっても、みんな他所の家の人の胃袋の中へ。

 

気温が33度。

地球温暖化は、年寄りがやたら元気で熱いせいかも。

年寄りの冷や水のススメというのはどうでしょう?

 

暑いときにはクールジャズよりホットジャズ。

若い時ならためらわずにLPなどをかけたものです。

そのレコードもすべて処分し、聴くに聞けません。

 

クラクラしそうなクラシックはどう?

ここへ引っ越して来た頃、真夏に窓を開け放し、大音量で「運命」を鳴らしたことも。

幸いにも殺されずにすみました。

 

いまはもっぱらCDをヘッドフォンで。

♪ソソソ♭ミ~で始まる30分。

聴き終わる頃にはかなりホットな年寄りの出来上がり。

 

たった4つの音型で、よくやってくれます、ベーさんも。

シンプルだけれど、これでもか、これでもか、と粘っこい。

3楽章から4楽章に向けての高揚感・・・暑さの中で、このやろ~っと叫びながら書いたのかも。

 

上回ってホットなのが第7番。

リズミックで、シンコペーション、アフタービートが連続する狂乱のダンス音楽。

これはジャズでは? べーさん黒人説があるのもフシギではない。

趣味ぶろ教室ブログランキング


この記事をはてなブックマークに追加

一寸先は風?

2017-09-18 | 日記

台風一過、朝日が窓から射し込んでいます。

強い風もおさまってきたよう。

予想気温が33度、帰ってきた残暑といったところでしょうか。

 

昨日、チャイムが鳴ったので、見ると何かを手にしたお爺さん。

何でしょうか? 「敬老の日の記念品を持ってきました」

「おめでとうございます」。有難うございます。くれるものは拒まず頂戴。

 

お祝いと町会名入りの熨斗紙に包まれて、タオル1枚と赤飯3個。

都合2人分。タオルはともかく、赤飯6個とはねえ・・・。

毎日を赤飯で祝う老夫婦・・・何がめでたい!

 

秋の風、台風の風、解散風。

どうやら風の揃い踏みがありそうな雲行きです。

臨時国会冒頭に衆議院解散?

 

内閣改造で支持率回復。

民進党は自滅、分裂状態で、日本ファシスト、じゃなかったファーストももたもた。

この機を逃すな、というところなのでしょう。

 

モリ・カケの丁寧な説明はどうした?

一億総活躍社会とか人づくり革命とか、ブチ上げることは大好き。そのうちミサイルも?

でも、何一つまともな成果はなく、すべてが食い散らかし状態。

 

北のミサイルも危機を煽るだけ。拉致問題もやる気なし。

何もできない、何もやらないのに、厳しい制裁だの、今までにない圧力だの・・・舌先三寸。

それでも解散すれば3分の2の議席確保とか・・・日本ブラックジョーク党でも立ち上げる?

趣味ぶろ教室ブログランキング


この記事をはてなブックマークに追加

ヴァーチャル・リアリティ

2017-09-17 | 日記

IT用語は英語や略語が多く、困っている人も多いかと思います。

コンピュータをナリワイとしていたわたしですら悩みのタネ。

IoTなんて言われても、いまだにピンときません。Internet of Thingsの略だそうですが。

 

半世紀ほど前、米IBMがヴァーチャル・メモリー(Virtual Memory)を発表。

その日本語訳が仮想記憶でした。

以来、仮想デバイス、仮想OSなどが生まれました。

 

virtualは、英和辞典などでは「事実上の」とか「実質的な」と訳されています。

それを「仮想」としたところが、ちょっとマズかったのかも。

本来、メモリーではないが事実上メモリーとして使う技術がVirtual Memoryですから。

 

が、英英辞典のvirtualには、事実ではないとか擬似するとかの意味もあります。

だから、あながちマチガイというわけではなさそう。

でも、VR=Virtual Rialityを、仮想現実と訳されると、ややこしくなります。

 

仮想なの? 現実なの? 仮想的な現実って何? 現実的仮想って何?

言葉の問題って、考え出すととほんと難しいものです。

ふだんは、あっ、そう、くらいに思っていても、本質的なことになると疑問が・・・。

 

仮想であっても、その仮想が現実であることは確か。

では、仮想と現実の境目はどうなるのか。

モノであるかないかが境目?

それとも、目に見えるものと見えないものの差?

結局、よくわからないままというのが現実なんですけれど・・・。

趣味ぶろ教室ブログランキング


この記事をはてなブックマークに追加