まつたけ山復活させ隊運動ニュース

再生アカマツ林からついに出ました.マツタケの発生は里山復活の王道であり、里山を再生することはマツタケの復活に繋がる.

まつたけ山復活させ隊 NEWSLETTER 1165

2016年11月25日 |  マツタケの林地栽培 

山はすっかり紅葉・・・!

まつたけ産業で地域おこしを! 京まつたけ復活・里山再生市民運動

 

第564回(11月25日(金))活動報告
(JIDF ラボ第12回)


 昨日から急に寒くなり、東京では観測史上初の11月積雪。京都の今朝も5℃ほどしかない中、31名の皆さんが参加された。(敬称略)橋本、前田、TAKE、榎本、大内、菊池、長尾、松浦、ホリイ、大島、有山、吉川、廣石、北村、宮崎、川本、三品、村岸、阿閉、阿閉、三輪、中野、松本、藤井、河内、あお、ヤマダ、吉村、猫田、マリコ、中広の方々。

<澤田山Ⅰ>・・・クワノ班:コナラの「巻き枯らし」実験中、うまくいけば軽くなり搬出し易くなる。

<澤田山Ⅱ>・・・ヤマガラ班:落ち葉掻き(広葉樹)と地掻き作業。春には良質の堆肥になる。
 

<澤田山Ⅲ>・・・ナカヒロ班:午後からシイタケ管理作業。
<澤田山Ⅴー1>・・・ミシナ班:枯損木の伐採と地掻き作業。

<澤田山Ⅴー2>・・・カワモト班:雑木伐採作業。

<玉城山Ⅰ>・・・エノモト班:巡視の結果、次回から落葉(松葉・檜)掻きと小径ヒノキ伐採などを行う予定。

<田んぼ>・・・TAKE班:麦、米の収穫後野菜作りの準備。マコモダケ収穫後のマコモが1.8m以上に育っていた。
 

<BC>・・・昼食・コアタイム:秋刀魚の塩焼き、小松菜と油揚げ、大根菜のお浸し、豆ごはん、大根豆腐の味噌汁など・・・ボリューム満点!。魚・調味料以外の食材は菜園・田んぼで自給。
 

<午後のBC>・・・新入メンバーがチェーンソー・薪割りの講習を受ける。
 
鶴首南瓜(ツルクビカボチャ):二ホンカボチャCucurbita moschata:学名ククルビタ・モスカータ(註))の一品種とのこと(ネット調べ)。表面が黄色くなってからのほうが糖度が増すらしい。レシピがたくさん出ているので人気があるようだ。スープやプリンも美味そう。

食当掛、次回の準備に余念がない。    

(註)moschata : 麝香(じゃこう)の香りのする、Cucurbita は、ラテン語の 「cucumis(ウリ)+ orbis(円形)」が語源。  <榎本記>                  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつたけ山復活させ隊 NEWSL... | トップ | まつたけ山復活させ隊 NEWSL... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マツタケの林地栽培 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL