まつたけ山復活させ隊運動ニュース

再生アカマツ林からついに出ました.マツタケの発生は里山復活の王道であり、里山を再生することはマツタケの復活に繋がる.

まつたけ山復活させ隊 NEWSLETTER 1224

2017年06月30日 |  マツタケの林地栽培 


雨の日でも仕事はあります。こんな日こそ道具の手入れ。
カマを研ぐAさん。他にもチェンソーやノコギリの目立て、ナタの刃研ぎをする方も。


 

まつたけ産業で地域おこしを! 京まつたけ復活・里山再生市民運動

 

第593回(6月30日(金))活動報告

 ただいま梅雨の真っただ中、今日も10:00時点では小雨だったためか参加者はいつもより少なめでした。

本日の参加者は、前田、橋本、松浦(早退)、宮崎、TAKE、松本、有山、三輪、阿閉(仁)、阿閉(眞)、小長谷、中野、猫田、吉村、内田、まりこ、隅田の17名のみなさんでした。

本日の作業は、雨のためベースキャンプでの作業が中心。

薪束の結索。

製材。

生ゴミ堆肥小屋の修繕。

夏は雑草との闘い。Aさん、”木登り”はさすがに引退したけれど、まだまだ頑張ります。

午後、雨の止み間に山に貯まっている枯損松を搬入。

本日のシェフは元自衛隊Mさん、カレー一筋40年(カレーしか作れないわけではありません)。
ちなみに、自衛隊では「政治活動NG!」しっかりと叩き込まれたそうです。

厨房風景。

ヒノキの火力は中華料理店のガスコンロ並み。

こんな日は急いてもしゃーない、座してのんびり。

出来ました!


和、洋、亜、三者三様の妙。

マッタケ山には恵みの雨か...。ふと…、空を見る。

カレー食べ食べ、盆踊り?         オイオイ。

オレたちひょうきん族。私は誰でしょう?


失礼の段、ございましたらマッタケに免じてご容赦。
本日は足元不良のため、いつもより早めにお開きとなりました。

(宮崎 記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつたけ山復活させ隊 NEWSL... | トップ | まつたけ山復活させ隊 NEWSL... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL