NPO法人いんざい子ども劇場

印西市とその近郊の子どもたちに対して
文化的体験や遊び体験を通じて
豊かな心と創造する力を育む場づくりを応援します

「みんなのカフェ」が終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

2016年11月29日 | あそび体験・自然体験

この記事をはてなブックマークに追加

「あしあとくらぶ」にあそびにきませんか?

2016年11月15日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

この記事をはてなブックマークに追加

ロング巻き寿司をつくろう

2016年11月14日 | お知らせ

この記事をはてなブックマークに追加

「成人を祝う会」を行います

2016年11月13日 | お知らせ

この記事をはてなブックマークに追加

10月のあしあとくらぶ「みんなでハロウィンパーティー♪」

2016年10月31日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

10月はハロウィ~ン♪ということで、カボチャの帽子を作りました。ハサミでチョキチョキ画用紙を切って、クルンと留めて、目と鼻と口をつけると、いろいろな顔をした帽子が完成。そのあと新聞紙で剣を作り、さぁ、みんなでお化けカボチャをやっつけろ~!子どもたちは意外と力持ち。あっという間にやっつけられたお化けカボチャの中から、お菓子や折り紙がでてきて大喜びでした。


この記事をはてなブックマークに追加

ピザがまの森であそぼう「芋煮会」

2016年10月29日 | あそび体験・自然体験

7月の流しそうめんは雨で中止。延期をした9月の流しそうめんと栗拾いも雨で中止。10月の今回も前日の雨で「またもや中止!?」 と心配しましたが、当日朝は曇り空でしたが、時間が経つにつれ晴れ間がのぞくほどの良いお天気で、久しぶりのピザがまの森にて、気持ちよく芋煮会をすることができました。

子どもも大人も、みんなで準備です。火起こし、野菜切り、薪割り、やりたい所に集まってスタート。里芋を洗ったり、コンニャクやキノコ類を手でちぎったり、小さい子も活躍。包丁だって使います。

火起こし体験は男の子に大人気でした。結局煙止まりで火はおきませんでしたが、みんな頑張っていました。

お鍋は大人が5人がかりで運ぶ特大サイズ。煮込みは大人のお仕事です。子ども達が原っぱで遊んでいる間、大人はお鍋囲んでしばし談笑です。こういう時間も楽しいですよね♪

芋煮が出来るまで、子ども達は原っぱで遊びます。担当スタッフを中心に、「リアル・ポケモンGO」 ・ 「箱の中味は なんじゃろな」「好きなものグループ作り」 ・ 「伝言ゲーム」の4つの遊びをしました。高学年の子ども達は、お菓子を原っぱに隠したり、シールを配ったり、レクのお手伝いもしました。

さて、芋煮も出来上がり、みんなで「いただきま~す」。しめは鍋にカレー粉とうどんを入れて、カレーうどんに変身!違うお味も楽しめました。デザートは、かまどでは焼きマシュマロ♪竹の先にマシュマロを付けて、自分で焼きます。アツアツ甘くておいしかったです。


この記事をはてなブックマークに追加

‟みんなのカフェ”の準備 エプロン作り

2016年10月23日 | あそび体験・自然体験

印西市市民活動支援センター主催だんごまつりの中の「みんなのカフェ」に参加する為、店員をする子ども達が着用するエプロンを作りました。エプロンにひらがなフェルトで名前を付けて、野菜や葉っぱでスタンプを押したり、リボンやフェルトなどで飾りを付けました。最後に全員が、自分の作品のワンポイントアピールを行いました。子ども達は発想も豊かで、個性的なエプロンが出来上がりました。


この記事をはてなブックマークに追加

「北総春の交流会」実行委員会が行われました

2016年10月23日 | 中学生・高校生、青年活動部「エリンギ」

2017年3月に行われる「北総春の交流会」、通称‟春交”に向けて、実行委員会が始動しました。いんざい子ども劇場、白井子ども劇場、子どもプラザ成田の3劇場合同で、中学生、高校生、青年の交流会です。毎月の実行委員会を重ね、創り上げていきます。今年も子ども達の活躍が楽しみです。


この記事をはてなブックマークに追加

人形劇鑑賞「ばけものづかい」 

2016年09月26日 | 舞台鑑賞体験

第一部は、民族芸能「南京玉すだれ」です。南京玉すだれは、「アさ~て、アさ~て、アさてさて・・・」の声に合わせて、みんなで手拍子をして盛り上がりました。江戸時代の商人がお客集めにつかったらしいということです。な~るほど~。あのリズムを聞くと、ついつい見入ってしまいますよね。

第二部の「ばけものづかい」は古典落語をもとにして作られた人形劇です。照明が落とされ、青白いライトで照らされた舞台はなんとも言えない雰囲気。どんなオバケがでてくるのやら、怖いけど観た〜い、期待が高まります!

人間が演じる仮面のおじいさん平左衛門と、次々に登場する人形のお化けたち(ろくろ首・三つ目小僧・唐傘お化け・大入道)。おじいさんを怖がらせようとするオバケ達に対し、仕事を次々と頼む人使いの荒いおじいさん。こき使われ、オバケ達の方が怖がって逃げていくお話です。

たくましいおじいさんや逃げ出す情けないオバケの、軽妙なかけ合いや やりとりが面白く、子どもたちは大笑いし、舞台に熱中していました。3メートルはあろうかという大入道は大きくて迫力がありました。大きさと絶妙な動きには、特に大きな歓声があがりました。おじいさん役の人は鼻までのお面をつけているのですが、だんだんと不自然に感じなくなり、いつの間にかお話の世界に入って観ることができました。


この記事をはてなブックマークに追加

9月のあしあとくらぶ「シャボン玉を作ってあそぼう」

2016年09月12日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

今回はシャボン玉を作って遊びました。

針金を丸くして、そこにアルミホイルを巻きます。おおきな輪っかの出来上がり。シャボン液に浸して、振り回すと、大きなシャボン玉がふわっと出来ます。ストロー型の口で吹くタイプではないので、小さな子どもでも、シャボン液を吸い込むことが無いので安心です。

何度も何度もシャボン玉を作って飛ばしました。巨大な輪ができて大喜びしたり、液を踏んで滑って転んだり、おおきな輪っかを持ってはしゃぐ子ども♪ 手をグシャグシャにして遊んで楽しそうでした♪  

お昼ご飯は、旬の栗ごはんと、炊き立て真っ白な新米です。

旬の栗!美味しいですよね。ところがわが娘、貴重な栗のおいしさがまだわからないのか、ひとつひとつ除いて食べていました…。これも、経験!おいしいと思える日がくるまで。 

新米は、とってもツヤツヤして甘くておいしかったです!新米と聞くと食べたくなりますよね。

そしてデザートには梨の食べ比べ。印西産の梨を5種類「秋月、かおり、豊水、秀玉、新星」を並べて食べました。そんな贅沢なデザートタイムですが、1つずつ甘み、酸味、みずみずしさが違っておいしかったです。♪


この記事をはてなブックマークに追加

ふなばし三番瀬観察会「干潟に住む生き物を探してみよう!」

2016年08月06日 | あそび体験・自然体験

印西ウエットランドガイドの阿部純先生はじめ12人のスタッフの方々の案内で、三番瀬に住む生き物観察会へ行ってきました。晴れで気温が高くとっても暑い日でしたが、カニ、ヤドカリ、小さなエビや魚など、たくさんの生き物を探して観察する事ができました。午後からは、谷津干潟センターも見学しました。


この記事をはてなブックマークに追加

子ども縁日の「打ち上げ」を行いました

2016年08月02日 | あそび体験・自然体験

7月19日に行われた「子ども縁日」の打ち上げを行いました。

<< 感想&売り上げ発表! >>「大変だったけど頑張った」「上手くいった」「面白かった」、という感想が多くみられました。各店、「準備にかかった金額OO円、売り上げOO円、差し引きOO円の利益が出ました」と発表。子どもにとって良い社会体験が出来ました。

<< スライドショー! >>お店を出した子ども達は、忙しくてあっという間でしたので、縁日のスライドを観ながら当日を振り返りました。自分たちの接客風景などに歓声。写真で改めて様子が分かって良かったです。

<< 表彰! >>各部門を表彰しました。好印象店はアンケートで、アイデア店は大人スタッフが出店内容に感心したお店が決まりました。

【売上部門】👑スーパーボールくじ屋さん

【好印象店部門】👑スライム・スーパーボール屋さん

【アイデア店部門】👑なぞとき屋さん

<< 乾杯! >>縁日の成功と、皆の頑張りをたたえて乾杯!デザートバイキングで楽しみました♪

<< おまけ >>今年は今までと少しルールが変わり、高学年のお店は、売り上げ利益は自分たちで貰って良い事としました。なので高学年は目の色を変えて商売に熱中していましたね。低学年のお店は今まで通り、売り上げは一旦回収して、皆での打ち上げ資金の一部に充てました。来年高学年になる子ども達は「来年こそは!」と意気込みを見せていました。そして、スタッフからのおまけのプレゼントとして、低学年以下の頑張った子ども達に、お給料(お札チョコ)が支払われました。


この記事をはてなブックマークに追加

7月のあしあとくらぶ ピザがまの森で水あそび&スイカ割り

2016年07月25日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

今回のあしあとくらぶは、夏休みということもあり、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも参加し、ピザがまの森で水遊び&スイカ割りを行いました。梅雨が明ける前でしたが、お天気も良く水遊び日和でした。 

プールを膨らませ水をはりだすと、水着に着替えた子ども達が集まり、夢中に水遊びを楽しんでいました。大人もたまにかかる水が気持ちいい。そしてスイカ割り。丸めた新聞紙で叩き、皆で力を合わせ見事スイカが割れました。 

その後、スタッフがお手製のピラフ、黒豆入り黒米、五目炊き込み、キュウリやとうもろこしを美味しく食べました。途中、疲れて寝てしまうちびっこもいましたが、子どもってホントに外遊びが大好きで元気だな~と、関心する一日でした。


この記事をはてなブックマークに追加

「亀成川生きもの観察会」

2016年07月24日 | あそび体験・自然体験

夏休みに入って最初の日曜日、毎年恒例の、亀成川を愛する会主催の「亀成川生きもの観察会」です。

印西中学校に集合し、あぜ道を15分ほど歩いて観察場所に到着すると、早速水槽にトウキョウダルマガエルがいます。子ども達は興味深々です。亀成川の話や網の使い方を聞き、いよいよ実際に川に入ります。 

子どもにとっては大きなサイズの網ですがみんな器用に使い、水草の下の方を探ります。エビや魚等、様々な生き物を見つけることが出来ました。捕まえた生き物は、「ヤゴ」、「ドジョウ」など、表示された小さな水槽に分け入れ、ザリガニのオスとメスの見分け方や、外来種の生物がたくさんいる事など、説明を聞きました。印象に残ったのは、「コオイムシ」です。オスの背中に卵がくっついています。メスがオスの背中に卵を産み、オスが背中に産み付けられた卵の世話をするそうです。川に入っていたのは20分ほどですが、色々な種類の生きものを見ることができました。


この記事をはてなブックマークに追加

「子ども縁日」終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

2016年07月18日 | あそび体験・自然体験

この日のために張り切って準備をしてきた子ども達、大丈夫かしら・・・とハラハラしてきた大人達。なかなか梅雨が明けず、前日まで雨予報が出ていましたが、当日は朝から気持ちよく晴れて予想以上の人出で賑わいました。過去最多の出店数に加え、尻相撲大会、2年ぶりのお宝流しと、短い時間ですがたくさんの来場者に楽しんでもらえました。成果は個々にいろいろだったでしょうが、お店を切り盛りした子ども達の満足気な顔を見て、見守りに徹した大人達もまた、満足出来た一日でした。

 

子ども縁日基礎知識

子ども縁日とは・・・?

☆子どもが自分で考えたお店を、自分の力で運営し、自分たちの力だけで、やりきります。

☆店長になれるのは、自分でやりきる、やる気のある子です。

☆お店は、本物のお金を使って運営します。

大人の心得

☆「夏祭りの縁日」のような完成度は忘れましょう

☆未完成あり、失敗あり、体験が子どもの力を発揮させます。

☆子どもの発想にとことん任せ、大人にとって非常にむずかしいミッション「見守る姿勢」を遂行していきましょう。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

・・ お問い合わせ先 ・・

NPO法人いんざい子ども劇場 Tel:0476-46-6287 Fax:0476-45-9554 メール:npoinzaikodomo@yahoo.ne.jp