NPO法人いんざい子ども劇場

印西市とその近郊の子どもたちに対して
文化的体験や遊び体験を通じて
豊かな心と創造する力を育む場づくりを応援します

「あしあとくらぶ」にあそびにきませんか?

2017年02月02日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

この記事をはてなブックマークに追加

3月・4月は入会キャンペーン

2017年02月01日 | お知らせ

詳しくはお問い合わせください。

NPO法人いんざい子ども劇場

TEL/FAX 0476-46-6287 メール npoinzaikodomo@yahoo.co.jp

事務所開設日 火・木:10:30~15:30  留守の場合もあり

 


この記事をはてなブックマークに追加

「チカパンの大道芸」 みんな観に来てね☆

2017年01月30日 | お知らせ

この記事をはてなブックマークに追加

「おかしなお菓子なぼうし」を作ります

2017年01月30日 | お知らせ

参加ご希望の方は、メール・TEL・FAXでお申し込みください。(先着順・定員になり次第締め切りです)


この記事をはてなブックマークに追加

チカパンとあそぼう「パントマイム&バルーンであそぼう」

2017年01月29日 | お知らせ

この記事をはてなブックマークに追加

冬の森の手入れ

2017年01月21日 | あそび体験・自然体験

NPO法人ラーバン千葉ネットワーク主催の、草深の森での「冬の森の手入れ」が行われました。前日に雪が降ったとは思えない程の穏やかな日差しの中、草深の森に子ども達が集まりました。

‟森の中の枯れ枝を拾うと、下から草花が元気に生えてきて、虫が集まり、鳥が来る” 豊かな森を守るために、私達が出来るささやかなお手伝いの意味を講師から伺った後、森の手入れが始まりました。今回は、拾い集めた枝で富士山を作るとみんなで決めて、大人も子どもたちも思い思いの場所に散らばりせっせと枝拾い。あっという間に山のように枝が集まりました。長い枝をズルズルと引きずって来る子や、太くて重い丸太を抱えて来る子。小さな枝をお花摘みのように楽しそうに拾い集める子など様々で、住宅街のすぐそばにいる事を忘れてしまいそうな、ゆったりとした時間が流れていました。手慣れたお父さんの技により、お家のように中に入れる富士山が完成!中は大人も3人くらいは入れる程広くて、子どもたちも出入りを楽しんでいました。

森の中の生き物を探索しに出かけると、カマキリの卵やザリガニの釣れる池、春の準備を整えた木の芽などを見つけて、子どもだけでなく大人もワクワクしながら探検気分を楽しみました。

お仕事(?)の後は、お昼ご飯です。主催者が用意してくれた豚汁はとても美味しくて、心も身体も温まる素敵なひと時でした。


この記事をはてなブックマークに追加

1月のあしあとくらぶ『ペットボトルキャップと牛乳パックで笛を作ろう!!』

2017年01月16日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

今年最初のあしあとくらぶは、ペットボトルの蓋と牛乳パックを使った笛作りでした。リコーダーの様な笛をイメージしていたのですが、作ったのはしっかりとしたホイッスル型の笛。難しい部分は大人が手伝って、テープを留めたり飾りのシールを貼ったりと、子どもたちも一生懸命作りました。初めはうまく吹けませんでしたが、コツをつかむと誇らしげに何度も上手に吹く子どもたち。うまく吹けなかった子たちも、家で練習しているかな~? 

そうこうする内に、キッチンからつゆのいい匂いが…。お昼ご飯は、皆ですいとんを作りました。子どもたちも小麦粉をこねて丸めてお鍋に入れて、調理に参加します。初めはおっかなびっくりで生地をまぜまぜしていた子どもたちも、段々と調子が出てきて、皆で競うようにお鍋に入れていきました。勢い余ってすいとんを投げ入れ、テーブルにつゆが飛び散る一幕も…。 皆で美味しく食べたあとは、木下の老舗‟久七団子”のお団子を食べました。とっても柔らかくて、すいとんもお団子もきれいに皆のお腹に消えました。


この記事をはてなブックマークに追加

成人を祝う会

2017年01月15日 | あそび体験・自然体験

成人を迎える会員のJ君をお祝いする会が開かれました。事前に作ったキラキラうちわを持ち、みんな並んで花道を作りお出迎えです。ドアが開くと、主役のJ君は、なんと袴姿!本格さにびっくり。オープニングは、手作りの花車に乗って会場を一周。会場にはきらきらうちわを持ったファン達という設定で、トトロのさんぽ・世界にひとつだけの花・ビリーブの、3曲をみんなの前で歌ってくれました♪ 大学生になった今でも合唱のサークルに所属し、歌が得意なN君。堂々と美声を披露してくれました。

オープニングの後は、幼児、小学生の出し物へ続きます。この日の為に練習をしてきました。恥じらいを捨てられない子ども達の合唱にも、J君は喜んでくれていました。

お祝いの会も終盤。お楽しみの紅白餅まき。お餅だけでなく、お菓子や入浴剤などの雑貨もあります。J君を中心に大量にまきます。子どもも大人も袋にいっぱい拾ってほくほくです。

最後にJ君からサプライズ。皆へのお礼として、原語で『オー・ソレ・ミオ』を披露してくれました。本格的で素晴らしい歌声に感激です。『オー・ソレ・ミオ』はナポリ語で“私の太陽”という意味だそうで、子ども劇場は自分にとっての太陽のような存在だからと、この歌を選んでくれたそうです。

退場は、紙吹雪の中、全員とハイタッチをしながら出口まで向かいます。幼い時から子ども劇場での経験を通して、見事に成長し、将来の目標を設定し…すごい。劇場で過ごした日々を話してくれたお母さんの、子どもへの想いも素晴らしく思いました。笑顔がステキなJ君です。素晴らしい成人を祝う会でした。


この記事をはてなブックマークに追加

成人を祝う会 もりあげ隊 1回目

2016年12月17日 | あそび体験・自然体験

今年度成人を迎える会員をお祝いする会「成人を祝う会」を1月15日に行います。会を盛り上げるために、小学生、幼児それぞれが出し物を出します。今日はその話し合いです。劇場ならではの楽しい催し物が出来る様に、アイディアを出し合います。

<小学生の部>

小学生は高学年が中心となり、子ども達で話し合いをしました。原則、大人立ち入り禁止です。まさに子どもによる子どものための会議!頼もしいかぎりです。出し物は合唱で2曲+オマケです。オマケは今年流行したアレです。(当日のお楽しみ) 内容が早く決まったので歌詞を書いたものを用意して練習することもできました。最後に合わせて歌うとビシっと、決めてくれて「さすが小学生!」といった感じでした。本番が楽しみです。

<幼児の部>

お昼ご飯にロング巻きずしを作って食べた後ということもあり、幼児さんたちはちょっぴりお疲れモード。それでも、成人を祝う会に使う、キラキラうちわを作る為に持ってきた、キラキラモールを目にすると子ども達の目もキラキラ。特にピンクのキラキラモールには女の子たちのテンションのあがりっぷりがなんともほほえましいものでした。作りながらも話は進み、成人祝いの出し物は、手作り楽器を演奏しながらアンパンマンの歌を歌うことになりました。楽器はもりあげ隊2回目で作る予定です。どんな歌と演奏になるか当日をお楽しみに♪


この記事をはてなブックマークに追加

ロング巻きすしを作ろう

2016年12月17日 | あそび体験・自然体験

京都の海苔屋さんに特別注文した30メートルのロール海苔を使って、長~い巻きすしを作りました。

今回は室内で行うので、机の長さに合わせて、5メートルの巻きずしを4本作ります。海苔をコロコロと転がして、机の端で切ります。

そして家族ごとに並んで、持参したすし飯と具を海苔の上に乗せます。みんながどんな具を持ってきたのか、スタッフがインタビューをします。カニカマ、ハンバーグ、サーモン、タマゴ、ハム、チーズ、キュウリ、レタス、納豆、キムチ・・・すごい種類の多さです。

具をのせ終わったら、いよいよ海苔を巻いていきます。厚めのカレンダーの紙を長くつないだ物が巻きすの代わりです。みんなの息を合わせて・・・まずは手前から具が隠れるように海苔の半分までパタン!そして具が落ち着くようにみんなでギュッギュッギュゥ!最後に海苔の端までクルクルと転がして完成!

5メートル巻きずしが4本、出来上がりました。列ごとに巻きずしを持ちあげて記念撮影。野外や体育館で作った時よりも短いですが、それでも5メートルの巻きすしが4本も出来上がると圧巻です。


この記事をはてなブックマークに追加

X‘masカード作り と デコレーションホットケーキ

2016年12月12日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

今年最後のあしあとくらぶは、大きなクリスマスカードの製作を行いました。プレゼントやツリーが飛び出すように切り抜いたカードに、子ども達が思い思いにビーズやリボンを貼ったり、カードいっぱいにカラフルなシールを貼ってみたり・・・個性が光る素敵なカードが出来上がりました。

そして、お待ちかねのランチは、デコレーションホットケーキと野菜たっぷりポトフです。ホットケーキに生クリームをてんこ盛りにしてカラースプレーをトッピング、大満足の子ども達!お野菜いっぱいのポトフもたくさん食べました。子ども達のクリスマスカードと、ワフワの分厚いホットケーキに、芸術を感じた午後のひとときでした。


この記事をはてなブックマークに追加

男劇場忘年会

2016年12月10日 | お父さん・お母さんの活動

毎年恒例になりました、ピザがまオーナと男劇場(劇場の20歳以上の男子)の忘年会が、行われました。ピザがまの森での活動のこと、チェーンソーのこと、薪ストーブのこと、今後の男劇場の事業計画のこと、子育てのこと、などなど、色々な話題で盛り上がりました。転勤で参加できない仲間がいて少し寂しい思いもありましたが、会社の同僚でもなく、家族でもなく、子ども劇場を通じて集まったお父さんたちの活動を、継続していくことが大切だなと感じました。2017年春には、ピザがまの森で男劇場キャンプも予定しています。多くのお父様方の参加をお待ちしております。


この記事をはてなブックマークに追加

11月のあしあとくらぶ「色水遊び・輪投げ・ボーリング&鍋2種とさつまいもの食べ比べ」

2016年11月28日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

今回のあしあとくらぶは、輪なげとボーリングで遊びました。まずは、色水ペットボトル作りです。絵の具をペットボトルに入れて、水で溶かします。シャカシャカシャカと振ると・・・、赤や青やオレンジなどのカラフルなペットボトルの的が完成。それらを使い、遊びます。

輪投げは、新聞紙をまるめた輪を使いますが、遠くから投げると言うより、ペットボトルを倒す勢いで、真上からバンバン投げ落とします。それでも子ども達は楽しそうです。

次はボーリング。空のペットボトルを倒します。ボールは新聞紙を丸めて銀紙に包みます。ミラーボールのように、キラキラのボールに惹かれて、子ども達は大はしゃぎ。でも、紙でボールは少しデコボコしていて、真っすぐに転がりません。全部倒すぞ!と何回も挑戦していました。

美味しそうな匂いがしてくると、ランチの時間です。今回はお鍋です。子ども用の味付けと、大人用にキムチ鍋の二種類です。子どもに合わせた味付けのご飯になってしまう大人には、ピリ辛キムチ鍋がとても美味しかったです。そして、さつま芋の食べ比べや、地元の珍しい野菜(黄色い人参やカリフローレなど)を食べました。子ども達ももりもり食べて、大人はキムチ鍋を堪能~!今回も楽しい時間でした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「みんなのカフェ」が終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

2016年11月27日 | あそび体験・自然体験

「だんごまつり」は、印西市の市民活動団体が、多くの市民に活動を知ってもらうために、パネル展示やパフォーマンスなどを行うお祭りです。今回いんざい子ども劇場は、あしたばさんと共同で、子ども達による「みんなのカフェ」を運営しました。 

エプロン作り、おりがみ教室での会場装飾作りと準備を重ねて、いよいよ当日をむかえました。子ども達は、手作りのエプロンを身に着け、会場の飾りつけも行い、メニューも手作りし、グループごとに分かれて、1時間づつ年齢に応じた仕事を担当しました。

カフェの会場内では、各市民大体の発表やパフォーマンスが行われていて、たくさんのお客様が来場します。注文を聞いてお金を受け取ったり、コーヒーやクッキー、チョコレートを運んだり、スタンプラリーのスタンプを押したり、「みんなのカフェ」店員として頑張りました。 

飲み物には、おりがみの‟いんザイ君”に乗せたクッキーが付きます。クッキーは福祉作業所の方々が焼いてくれました。‟いんザイ君”はおりがみ教室の方々が作ってくれました。また、今回提供するコーヒー・紅茶、お砂糖、チョコレートは、フェアトレードの商品をあしたばさんが用意してくれました。 

飲み物をこぼさないか、やけどをしないか等々、大人の心配をよそに、子ども達の仕事ぶりは、とても立派でした。子ども達の店員姿に温かいまなざしでお付き合いいただいたお客様、子ども達の補助をしてくださった大人の皆さん、ありがとうございました。多くのご協力のおかげで、みんなのカフェを無事に終えることが出来ました。子ども劇場としても、子ども達によるカフェは初めてでしたが、子どもも大人もよい経験が出来ました。また来年、進化した子どもカフェの運営が出来る事を楽しみにしています。


この記事をはてなブックマークに追加

イルミネーションの点灯式

2016年11月23日 | あそび体験・自然体験

今年もアルカサールでの「イルミネーションの点灯式」を行いました。

点灯式の時間までは、アルカサール内に隠された文字を探すクイズラリー、おりがみやスパンコールなどで紙皿リースづくり、カラフルな毛糸でボンボンづくりを楽しみました。 

点灯式の時間が近づいてくると、ステージで「東京人形夜」の皆さんによるパフォーマンスショーが始まります。パントマイムやダンス、子ども達と手遊びなど、とても楽しいショーでした。Eテレのシャキーンに出演しているアーチストなので、知っている子ども達も多かった様です。

5時になり、いよいよ点灯です。会員の4人の子どもたちがステージにて、3!2!1!のかけ声に合わせて、スイッチを押すと、辺り一面キラキラのイルミネーションで彩られました。一般の方もたくさんの参加があり、大勢で楽しい時間を過ごすことが出来ました。


この記事をはてなブックマークに追加

・・ お問い合わせ先 ・・

NPO法人いんざい子ども劇場 Tel:0476-46-6287 Fax:0476-45-9554 メール:npoinzaikodomo@yahoo.ne.jp