NPO法人テクノシップのブログ

テクノシップの行事のお知らせや白金台教室での出来事を掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卓球で心地よい汗を

2013-03-13 | 教室日記
児童館の体育室をお借りしての卓球の時間。いつもなら、窓を開け風を感じながら打ち合いをする季節だ。今日は、強すぎる風に閉められた窓の外には倒れてこむ自転車と人も見えた。

卓球の‥と言っていいのかな?現在のメンバーでなら(ネットを外してボールを転がす人もいるけれど)テーブルの上でのラリーができる。ストレッチの後、打ち合いの相手を替えながら一時間ほど汗を流した。

ピン、ポンという音が続くのを面白がっていたり、相手に強烈なスマッシュをを打ち込むのを喜んでいたり‥一番の気持ちよさは汗をかけることだろう。概して皆、運動不足だ。月に一度の時間を楽しみにして「身支度」を前夜に自分でするようになった人もいる。

転がす打球に力が入ってきたMさんは、球を目で追える様になって面白さも出てきたのだろう。強烈スマッシュだけではなくなったKさんは、相手、を意識することで、声かけするようになってきたと思う。「疲れちゃった。休んでいい?」「休もう!」の呼吸でのペアの休憩を最近見かける。

戸外の嵐と反して、穏やかな時を過ごせました。再来月あたりは、新メンバーも加わったりするかな?












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしているだろう

2013-03-11 | 教室日記
雪に慣れている人々でも戸惑う気候が、北国で続いている。普段は雪国と呼ばれない地域でも今年は残り雪があるようだ。彼の地の緊張が和らぐことを願う。
今朝は教室生と話し合いの時間を持った。2年前の今日はどう過ごして、何を感じたか? 折に触れて尋ねていることではあるけれど、心に留めて続けていることと忘れてしまっていることを整理してみた。

皆、お父さんが徒歩で迎えに来たこと、職場に泊まった人の話、自分が動けなくなったことなどよく覚えている。そのことを端緒に、避難場所の確認や靴とか小さな荷物への配慮などが大切なことは気にかけ続けているようだ。慌てない、周囲の人の助言にも耳を傾ける、教室にいる限りメールは打たないことなど再確認する。

ヘルメット装着、電化製品、棚、ガラス窓から離れる動作確認をした。2年前ははじめてヘルメットを見た人ばかりだったが、回を重ねていると頭に自然と乗せている。続いて、毎月一日に練習している「171」災害用伝言ダイアルも全員で使ってみる。混乱すると教室電話番号を電話帳機能では引けないことも多そうなので、普段から「手入力」で番号を押す習慣を持つのも必要そうだ。

交通機関が止まったりする大きな災害の時は、教室に、皆でいること、についてよくよく話す。家族はどうしているだろう‥と電話をかけ続けないこと。地域の避難所の場所を知っているからといってどうなっているだろう‥と一人で見に行ったりしないこと。家族は教室生がここにいると分かっていること。
2年前怖い思いを心に刻んだ人たちは、真剣に聞くようになった本当に。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜見の頃

2013-03-08 | 教室日記
数日前、昼休みの買い物がてら教室生と散歩に出た。近くの東大医科研の構内の植え込みには、水仙も菜の花も見える。日当たりの良い所のアイリスは咲き出し、椿並木の固い蕾は、ふっくらしてきた。ハナダイコンやイヌフグリ、エンゴサクの仲間?も花を付けていて、土がふかふかしている。

防火用池に近づくと蛙たちが慌てて水底に潜っていった。「蛙!見えた?」教室生に尋ねると見えなかったようだ。そこで、じっとしていると、20匹くらいが浮かんできた。泳いだり、こちらを見たり、足を伸ばしたままプッカリしている。周りでは蛙らしき鳴き声もきこえてきて(子犬のような)小柄な教室生も何度も身を乗り出している‥嬉しがっていたら、長居をしてしまった。

こんな急な気候の変化を、私、は想像していなかった。でも、先月の中頃まで、イレギュラーで教室に通ってきていたOBは知っていたのかも?

彼が来たのは、昨年の暮れ。職場での怪我の療養を自宅でしているとリハビリにならないので、と、就労支援の人たちに混じってチャリティコンサート前の諸々の準備をこなしてくれた。その彼が年明け早々、「僕は、3月20日は花見です。」と宣言していた。‥持ち物・弁当、水筒、メインイベントはジョギング、、などと書いた、手書きのしおり、も持参していて。

「今年はまだまだ寒い頃かもよ」「桜は遅いかもね、どうかなぁ?」そんな外野の声をニコニコして聞いていた。今日みたいな暖かい日が続いていると、桜花の下のジョギングは、もうすぐかもしれませんね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加