NPO法人テクノシップのブログ

テクノシップの行事のお知らせや白金台教室での出来事を掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小さな看板

2012-03-15 | 教室日記
どんぐり公園のこどもたちは花壇で教室生に話しかけてくる。ぶっきらぼうに応えられて
スーッと遠くへ逃げてしまう。そして、再びちかづいても来る。

「幼稚園のチューリップはまだ、これくらいなの」
「小さな葉っぱは大きくなるの!」
「菜の花知ってるよ」「そのバケツお手伝いしたい」

そんないつもの声に混じって「踏んじゃいけないよね」「石はぶつけないんだよね」と
お兄ちゃん、お姉ちゃんが話している。

毎年芽生えの頃は、傷ついた新芽も混じっていて、花壇に踏み入られなくするには
「看板」かなぁ、と花の写真やイラストを大きめの立て板に表して注意喚起していた。

昨秋の種まきの時、チューリップの球根を植えたあたりに小さな手書きの板も加えてみた。
教室生が、緑色の双葉と「めがでます」と書いた、アイスクリームさじ。

小さな看板の大きな効果。不思議に思った子らが親御さんに尋ねてくれたようだ。
たくさんの大人が小さな芽吹きに心を配ってくれた。

勢いよくのびる「葉っぱ」を大切に思って、家からミニじょうろ持参でやってくる子もいる。

桜のたよりを聞く頃には鮮やかな色が花壇いっぱいになる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加