NPO法人テクノシップのブログ

テクノシップの行事のお知らせや白金台教室での出来事を掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記憶の仕方

2008-11-28 | 教室日記
大雨の為に植物園に行けなかった春の遠足を、教室生は覚えていました。
皆と一緒に、落ち葉を踏み踏み、澄んだ空気を吸い込んできました。5月のことをスタッフは、すっかり忘れていたというのに。覚えていた人は、これで納得出来たことでしょう。

誰かと一緒に歩く、絵や花の前で立ち止まる…。苦手としていた女性が、立木の梢を見上げたり、バラに鼻を近づけたり、携帯カメラのフレームに花を写し取ろうと花壇に片足を入れてしまったり。なんだか楽しそうでした。ゆったりに合わせて使えなかったエネルギーは、解散後、一人、第2部のユーホーキャッチャー(?)で発散されたようです。

彼女の得意技は、誕生日覚え。スタッフ、友人、周りの人皆です。
数は苦手なので他は記憶されません。どうやって頭に入れてるのかなぁ。
「簡~単。円を付けるの!」今日は1128円??
…その手で全部入っちゃうんだ??…長年の、本人の術なのですね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神代植物園

2008-11-27 | 教室日記
昨日は深大寺のそばにある神代植物園に行って来ました。
今年は9月過ぎからいろいろと行事が続いていたので、白金台の植物園にしておこうかと思っていたところ、利用生にちゃんと?電車に乗って行きたいと言われ慌てて予定を立てました。
幸い天気にも恵まれ、紅葉の最後の時期にも間に合い、珍しい花もたくさん見られました。
深大寺名物のお蕎麦と差し入れのお菓子をたくさん食べたので、一生懸命歩いて消費したカロリーをしっかり補給・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のメニューは・・・・

2008-11-19 | 教室日記
今日の調理実習は「森のきのこのフラン」と「鮭のムニエルクルミソース、ブロッコリー添え」という、いつもお馴染みボリューム満点のメニューでした。ご飯茶碗じゃなくてどんぶりなので、お皿が小さく見えますが食べ応えは十分!!
Sさんは苦労して包丁でクルミを砕き、M君は器用に片手でキノコを割いていました。
予想以上に材料費が高く予算オーバー・・・・白金台は物価高いです(T.T)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さなどんぐり

2008-11-17 | 教室日記
今日の午前中は月一回の木工です。
木工の先生がどんぐりや芝生の素材などを用意してくれたので、みんなどんぐりに絵を描いたり配置を決めたりすることに集中し、細かい作業なのにあっという間に時間がたち、気がついたらお昼になっていました。
先生の見本の作品にさほど影響されず個性が光る作品が出来ました。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

春への準備

2008-11-10 | 教室日記
こんな所にも桜があったのかと気付かされます、と花の季節に街角から便りをいただきましたが、この秋は、桜や花水木に混じり、柿の実りの色に目がゆきます。案外、住宅地にも柿が残っているものですね。

10日ほど前、公園の花壇に、チューリップの球根を植え、菜の花の種をまきました。芽を出したばかりの「貝割れ菜花」は、ぐんと冷え込んだ今朝も、横一列を作ったまま背丈を伸ばしています。

八百物で見かける貝割れ大根ほどに成っています。双葉はそれほど変わらない大きさなのに、種は小さかった。固まり過ぎないように、三粒くらいずつ蒔いてゆく作業は、もどかしくて面白かったようです。同じ大きさの種をもつブロッコリーは、やはり黄色の花が咲くそうですね。

春が来れば、黄色に輝く一画が現れます。赤、ピンク、黄色と並ぶのはチューリップ。光の春色を思いながら、午後は、皆でクリスマス用の布を黙々と織りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メールアドレス変更のお知らせ

2008-11-08 | お知らせ

テクノシップのホームページのサーバーを移転したのに伴い、メールアドレス変更しました(^o^)


しばらくは以前のメールアドレスも残しておきますが、今後は新しいアドレスをお使いください。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、作ろう

2008-11-05 | 教室日記
本日の午後は、シフォンケーキ再挑戦。(ココナッツフィレが半分残っていたこともあり‥)

「しぼんケーキにならないと良いなぁ。」スタッフは、少し気構えています。

前回、いただきますの挨拶のすぐあとのMくん。周りの人達が、わぁ、膨らまなかったと言っている間に、ケーキ一切れを瞬く間にお腹の中へ消してしまったのです。

「今日は、この前よりも仕事があるよ。手を掛けた分、味わって食べようね。」
「イェース。」初めて聴きましたあなたの英語を。

「粉を篩って下さいね。お願いします。」
「プリース。」どうして、英語なの?

「2度目だから、ケーキが膨らむことを目標にしてるんだ。」
「ノゥ、プロブッ。」最近、英会話習いだしたとも聞いていないしね。?

彼が、いつものように言葉無くニコニコしている間に、膨らんだままのケーキが出来上がる。
20年位無口だった人がおしゃべりな人に変わるという話しも、ときどき聞きますけど‥。たまたま、昨日耳に残っていたのかな、英語が。米の大統領選報道??

気構えることもなく、前の失敗にこだわることもなく。何語で話し出すかなんてことも気にすることでもないのかな。しぼんケーキでもシフォンケーキでも。。。そんな心持ちが必要な時、私には出来るかな…と、目の前の自問ケーキを頬張りました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このひと月

2008-11-01 | 教室日記
11月です。尾高ファミリーコンサートからのこの1ヶ月、帰宅する途では、キラ☆を見つめ、キンモクセイの香を吸い込みながら、楽屋からのワンシーンを何度も思い返していたのです。

忠明・遵子ご夫妻の連弾は、曲の初めから終わりまで、お二人の背中を見ながら聴くことが出来ました。(遵子さんの背中は半分くらい)

1回目の演奏以来、仲のよろしい事を素敵だなぁと思っていましたので、お二人が、ポンっと座られるだけで、頬が緩んでしまいます。

すうーっと横に動く体たち、高い位置に浮き上がる左手たち、たたかれている鍵盤も嬉しいでしょう。そんな美しいシンクロを間近で見ることが出来て、とても贅沢な時間でした。見せること等に注がれている力など無いのでしょうに、本当に綺麗で、優しい場面でした。

遵子さんが袖に戻られると、
「綺麗だったわぁ。」「綺麗だったよぉ。」と、こちらも惇忠・綾子ご夫妻から寄せるそよ風のように声が掛かる。こちらは、耳だけで楽しまれていたのです。

一年に一度お会いする皆様、穏やかで、お優しくて…未だに楽屋でご一緒していることを不思議に感じています。縁遠くなっている甘美な時間を、いつもありがとうございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加