高齢者と認知症

 いつまでも身体と頭それに心まで、元気で居たいと望みますが
こればかりは年齢を重ねますと、本人の願い通りにはなりませんから困りますよね。

私がお世話になった人の話しを書きますが、今は90歳を過ぎた年齢となられ
最近は会う機会が無くて4~5年前に、お会いした時には楽しく会話をさせて頂きました。

それが元気で居られるかな?と思っていたら直接、会って話しをしていませんが
身内の人に教えて頂けば、会話するのが難しいみたいです。

お互いの家が近いですから、いつでも会えるという思いを持っていましたが
場合によって、この考え方を改めるのが良いのでしょうね。

家族に限らず皆さん元気で居て欲しいけど、年齢を重ねて来れば難しいですし
今回の事を考えたら、会えば良かったと後悔しかありません。

なので皆さん、あの人は今どうされているのかな?と気になる人が居られましたら
また今度と思われず、早めに連絡を取られるようにして下さいね。

お互いが元気な時に会って、それが例え短い時間であっても
楽しく会話するのとしないのでは、大きな違いがありますからね。

それと書きながら思いましたが、次に必ず会えるとは限りませんから
「一期一会」忘れてはダメですよね。
今年も残り僅かとなりましたが、会いたい人と来年も必ず元気で会えるようにしましょう。


npo-friends@mail.goo.ne.jp(事件に関係する情報は、こちらのアドレスへお願いします)
事件と謝礼金についてはこちらです
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« お心遣いと飲料水 捜査結果報告16-2 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。