徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

♬ 筑後柳川 水の上

2017-05-19 23:41:49 | 音楽芸能






北原白秋「柳河風俗詩」より

水路
 ほうつほうつと螢が飛ぶ…………
 しとやかな柳河の水路を、
 定紋つけた古い提灯が、ぼんやりと、
 その舟の芝居もどりの家族を眠らす。

 ほうつほうつと螢が飛ぶ…………
 あるかない月の夜に鳴く蟲のこゑ、
 向ひあつた白壁の薄あかりに、
 何かしら燐のやうなおそれがむせぶ。

 ほうつほうつと螢が飛ぶ…………
 草のにほひする低い土橋を、
 いくつか棹をかがめて通りすぎ、
 ひそひそと話してる町の方へ。

 ほうつほうつと螢が飛ぶ…………
 とある家のひたひたと光る汲水場(クミツ)に
 ほんのり立つた女の素肌
 何を見てゐるのか、ふけた夜のこころに。
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さながら熊本城再建ショー! | トップ | 昭和34年 再建工事中の熊本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。