徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

ジェーンズ邸の再建

2017-02-13 21:40:21 | 歴史
 熊本地震で倒壊した「ジェーンズ邸」を再建する方向であるという。水前寺成趣園の東側にある「熊本洋学校教師ジェーンズ邸」は、明治4年に建てられた県で最も古い西洋建築物で、もともと古城(現在の第一高敷地内)に建てられていたコロニアル式の洋館で、県の重要文化財に指定されている。また、再建に当たってはできることなら熊本城周辺に戻してもらいたものだ。
 ジェーンズ(Leroy Lancing Janes)とは明治4年、熊本藩が洋学校の開設に伴い招いた米国人教師ジェーンズのことで、ジェーンズが教鞭をとった熊本洋学校からは多くの人材が育った。このジェーンズ邸は、当時ジェーンズ一家が住んでいた家で、ベランダが張り出したコロニアル様式は、映画「風と共に去りぬ」や「大いなる西部」「ジャイアンツ」などを思い出す。また、明治10年の西南戦争をきっかけとして、この建物が日本赤十字社の発祥の地ともなった。なお、映画「ラストサムライ」でトム・クルーズが演じたオルグレン大尉のモデルは、旧幕府軍の軍事顧問だったフランス人のジュール・ブリュネといわれているが、アメリカ人に設定を変えるにあたって、ジェーンズを参考にしたと思われる。実はジェーンズはウェストポイント陸軍士官学校の出身で、南北戦争に北軍の将校として参戦し、大尉にまで昇進したという人物で、トム・クルーズが演じたオルグレン大尉と全く同じ経歴なのである。

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲荷詣りは福詣り 初午詣り... | トップ | 熊本応援 サントリー缶コー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェーンズ邸 (YOKO)
2017-02-14 13:10:42
ジェーンズ邸が再建されるというのは嬉しいニュースです。
地震直後の倒壊現場の写真はがれきの山にみえました。もう再建は無理なのかな?と思っていたので。
移築ではなくて材料は新しくしての再建になるのでしょうね。

私は垂涎に合ったものに親しんできたので、水前寺に…と思わないでもないですが、元の場所に建設できれば一番いいですね。
Re: YOKOさま (FUSA)
2017-02-14 14:54:28
おそらく再利用できる材料は利用し、足りないものを新たにというやり方だと思います。
今まで観光資源として有効に活用されたとは言い難いので再建にあたって場所も再検討していいのではと思います。
さしあたり、桜の馬場は合同庁舎がいずれは解けますし、もとあった場所からも近いですからね)^o^(

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。