徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

東京2020文化オリンピアード

2016-10-17 16:03:33 | イベント
 よくもまぁ、次から次と問題が噴出するものだ。東京オリンピック・パラリンピック2020は呪われているんじゃないかとさえ思え正直なところ興ざめしかかっている。
 その東京オリンピック・パラリンピック2020に向け、4年間にわたる「東京2020文化オリンピアード」という日本文化の魅力を国内外に発信するプログラムのキックオフイベントが、先日、日本橋で行なわれたという。



 このキックオフイベントに筝奏者として参加されている佐藤亜美さんのブログで紹介されていたので、この情報を知ったのだが、前半のセレモニー部分は見ていてイライラするので飛ばして、後半のパフォーマンスだけを見た。

【前半】セレモニーパート(9:24~)
    パフォーマンスパート紹介(35:14~)
【後半】パフォーマンスパート(42:42~)


【パフォーマンス】
舞踊「三番叟」
 天下泰平、五穀豊穣を祈念し、日本の祝祭の場に欠かすことのできない演目
 出演者:宗家藤間流八世宗家 藤間勘十郎 ほか
装束付舞囃子「吉野天人」
 日本を代表する花である桜の名所を訪れた都人の前に天女が現れ、花を愛で、治世を言祝ぎ、
 美しい舞を見せる華やかな演目
 出演者:能楽観世流シテ方 人間国宝 梅若玄祥 ほか


『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二本木の伯母さん | トップ | 何気ない風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。