徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

谷汲観音 & 泉の観音

2016-12-28 19:29:16 | 熊本
 2ヶ月ほど前、無事は確認していたが、本堂の改修工事中だった高平の浄国寺に谷汲観音様を参拝する。奥様の話では、本堂の天井や壁が落ちるなど、それはそれは酷い状況だったそうだが、観音様は奇跡的に無事だったそうだ。数ヶ月にわたる本堂の改修も終り、観音様も以前と同じ位置に鎮座ましましている。対面するのは3回目だ。相変わらずその神々しいお顔を拝見すると、その目がこちらのこころの内などお見通しであるような気がしてしまう。来年の国土安穏を祈りながら手を合わせた。


谷汲観音(松本喜三郎 作)


 今回はもう一つ思わぬ出逢いがあった。昨年3月いっぱいで閉店した交通センターのセンタープラザで、シンボル的な存在だった泉の広場の観音様と再会したのである。桜町の再開発が終わるまで、ここ浄国寺に一時的な遷座をしていた。泉の広場は待ち合わせの場所となっていただけに想い出のある方もきっと多いだろう。この大理石の観音様も地震で横転したそうだが、不思議なことに傷ひとつ無かったそうである。


センタープラザの泉の広場にあった観音様


2015年3月31日 センタープラザ閉店の日
『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後朝(きぬぎぬ)の別れ | トップ | BALLAD 名もなき恋のうた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (呑兵衛あな)
2016-12-29 18:49:01
地震の頻度が激減しましたね。
今年の熊本は災難の年でしたが、来年は復興が促進するように念じています。
過日のNHK探検バクモンを視聴しましたが、お城も随分と修繕の方向が見えてきたようで安堵しています。
良い年をお迎えください、
Re: 呑兵衛あな様 (FUSA)
2016-12-29 19:23:01
そうですね!
まだ油断はできませんが明らかに終息に近づているようです。
今年のような年を経験すると、平穏無事が何よりもありがたいと思います。
熊本城の復旧は気の遠くなるような時間がかかると思いますが、これから復旧していくのが目に見えてくると思いますので、その経過を楽しむような心の持ち方が必要でしょうね。
今年も弊ブログをご訪問いただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。