徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

吉俣良サウンドを楽しむ

2016-10-08 22:38:48 | 音楽芸能
 NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」を楽しみに見ている。物語そのものは、いわゆる「忠臣蔵」のサイドストーリーであるが、僕の楽しみは吉俣良の音楽。吉俣良はこれまで「篤姫」や「江 ~姫たちの戦国~」などの大河ドラマ、朝ドラの「こころ」、民放ドラマでは「Dr.コトー診療所」や「風のガーデン」などの音楽を担当。“メロディの立った”スコアが持ち味。この「忠臣蔵の恋」でも彼独特の“せつないメロディ”がたまらない。




▼「風のガーデン」より「カンパニュラ」
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国体陸上 悲喜こもごものス... | トップ | 花魁道中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。