徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

歌枕 ~鼓ヶ滝~

2017-06-28 21:15:53 | 文芸
 1週間ほど前、玉名からの帰りに久しぶりに河内から山越えの道を通った。いつものように道沿いの鼓ヶ滝を覗いて見た。雨が少ないせいか水量がやけに少なく濁っている。(写真は1年ほど前の様子)対岸の歌詠場に回ってみたが、やはり前回同様、草木が茂って降りるのは難しそうなのであきらめた。

音に聞く鼓ヶ滝をうち見ればただ山川になるにぞありける

 鼓ヶ滝の代表的な歌として知られているこの歌は、平安時代、肥後国司であった清原元輔の歌とも、閨秀歌人・檜垣嫗の歌とも、あるいは修行僧の歌ともいわれているがさだかではない。この鼓ヶ滝は、平安時代から歌枕として広く知られていたとみえ、能の「鼓滝」や古典落語の「西行鼓ヶ滝」では、西行法師が訪れた摂津(大阪)の鼓ヶ滝に置き換えられてこの歌が引用されている。

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水無月の夏越の祓する人は・・・ | トップ | 蝦蛄(しゃこ)売り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。