徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

蝦蛄(しゃこ)売り

2017-06-30 18:25:51 | 熊本
 僕が子どもの頃には、天秤棒を担いだり、リヤカーを引っ張ったおじさんやおばさんたちがよく物売りにやってきた。野菜、アサリ、ナマコ、たまご、金魚、納豆等々、実に様々な物があった。今の季節よくやって来たのが「しゃこ」。熊本では「しゃこ」のことを「しゃく」という。祖母が好きでよく買っていた。たしか長洲あたりから売りに来ていたと記憶しているが、「しゃく」は水から上げるとすぐに死んで味が落ちるといわれるので、上熊本駅で降りた後、天秤棒を担いでの販売はスピード命だったのかもしれない。
 昨日、玉名の義弟が朝採った「しゃく」を持ってきた。祖母が亡くなってから、あまり好んで食べる家族はいないのだが、せっかくの海の恵み、家内はどう料理したものかといつも頭を悩ましている。



▼四季の物売り
『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌枕 ~鼓ヶ滝~ | トップ | 挑戦者たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熊本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。