徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

明治の三名人と薪能

2017-07-16 20:25:27 | 音楽芸能
 日中のうだるような暑気さめやらぬ夕方、新町の書店に立ち寄った後、横手の妙永寺にある櫻間伴馬の墓に参った。
 櫻間伴馬(さくらまばんま)とは、維新後低迷を続けた能楽を復興させた立役者として、初世梅若実、十六世宝生九郎とともに「明治の三名人」の一人に数えられるシテ方金春流能楽師である。熊本出身の一地方役者ながら、その卓抜した技で観客の喝采を博した。喜寿を迎えた明治四十四年以降は「左陣」を名乗った。伴馬の墓は没した東京の池上本門寺にもある。
 標柱には次のように記されていた。
 天保六年(1835)七月十三日、金春流能大夫の家に生まれ、初め伴馬と称し、晩年左陣と改めた。安政三年(1856)松井佐渡に伴われて上京、能の大家中村平蔵に師事。帰国後千数百番を舞い、明治十三年(1880)上京後も千五百回演能、うち天覧・台覧能の出演も十数回に及び、明治の三名人と呼ばれた。大正六年六月二十四日、八十三歳で没した。

▼櫻間伴馬(左陣)と妙永寺(横手1丁目)の左陣の墓
 


※毎夏恒例の「出水神社薪能」が下記のとおり開催されます!
◆第58回出水神社薪能
【期 日】平成29年8月5日(土)
【時 間】18時~20時30分
【場 所】水前寺成趣園内能楽殿
【出 演】金春流
【番 組】舞囃子「融」
     狂言「鬼瓦」
     能「嵐山」

▼第55回出水神社薪能より能「土蜘」
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞踊団花童 & はつ喜 特別舞... | トップ | 7月17日の熊本日日新聞で紹介... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。