徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

熊本城・北十八間櫓の石垣工事

2017-03-07 19:30:41 | 熊本
 今日は北十八間櫓の下まで歩いて行って、しばらく石垣工事を眺めた。まだ、石垣の積直しを始めたわけではなく、事前の調査をやっているようだ。崩壊拡大防止のために被せられたシートとネットの上から、二人の作業者が金属の棒をハンマーで叩いたりして何かを調べている。崩れ落ちた表面の石垣の下の裏込石が詰められている辺りだから、裏込の安定度合いでも調べているのだろうか。石垣の黒い部分と白い部分がハッキリと別れているが、白い部分は積直したわけではなく、崩壊後の数ヶ月、土石等に埋まっていたので色違いになったものと思われる。ただ、打込接の隙間を埋める間石は詰め直した部分もあるようだ。いつから本格的な改修が始まるのかわからないが、その復旧の工程はしっかりと見ておきたい。


石垣の色の違いがくっきり


急斜面での危険な作業


カバーの上から金属の棒を打ち込み、何かを調べている?
『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潮の香ただよう「ハイヤ追分」 | トップ | 熊本城の桜 どこで見る? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熊本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。