徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

恋人の木(The Sweetheart Tree)

2017-06-14 17:03:45 | 音楽芸能
 今日のBSプレミアムシネマは「グレートレース(1965)」。
 奇しくも今日は、この映画の音楽を担当したヘンリー・マンシーニの没後23年にあたる日。
 ブレイク・エドワーズ監督とは、「グレートレース」の他にも、「ティファニーで朝食を(1961)」、「酒とバラの日々(1962)」、「ピンク・パンサーシリーズ(1963~1993)」など多くの作品でコンビを組み、数々の名曲を残した。なかでもこの「グレートレース」の主題曲である「The Sweetheart Tree」は代表的な名曲といっていいだろう。
 この映画は、1960年代半ば、アメリカン・ニューシネマが台頭する中、古き良きハリウッド映画が最後の炎を燃やしていた頃の作品。20世紀初頭の、ニューヨーク・パリ間の自動車大レースを題材としたスラップスティック・コメディー大作。ジャック・レモン、トニー・カーティス、ナタリー・ウッド、ピーター・フォークらが出演している。(右の写真はナタリー・ウッド)
 劇中、ナタリー・ウッドがギターをつま弾きながら「The Sweetheart Tree」を歌うシーンもある。
 下の映像は、ヘンリー・マンシーニのピアノ伴奏でパティ・ペイジが「The Sweetheart Tree」を歌う1972年のTVショーの場面。


They say there's a tree in the forest,
A tree that will give you a sign,
Come along with me to the sweetheart tree,
Come and carve your name next to mine. 
They say if you kiss the right sweetheart,
The one you've been waiting for,
Big blossoms of white will burst into sight,
And your love will be true evermore.
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 能舞台の「鏡板の松」 | トップ | 熊本城本丸御殿 思い出の宴(4) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (J.W.)
2017-06-16 19:16:44
多分、1965年か66年、大学に入りたての頃、観ました。私はどちらかと言えば西部劇などのアクション映画好きでしたが、この映画はコメディでどうしてみる気になったのかは今となっては判らない。ただ「捜索者」で印象的なインディアン娘(?)を演じていたナタリー・ウッドがきれいだった事が印象に残っています。fusaさん、ナタリーの写真ありがとう!
Re: J.W.さま (FUSA)
2017-06-16 20:39:22
この時、ナタリー・ウッドは27歳、「捜索者」の18歳の時の初々しさから、妖艶な大人の女性に変わっていましたね!
他にも彼女が出演した映画は何本も見ていますが、やはり「捜索者」のコマンチ娘が一番印象が強いです)^o^(

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。