徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

二俣橋の架け直し(美里町)

2016-12-13 17:42:27 | 熊本
 今朝の熊日新聞によれば、熊本地震で一部が崩落した美里町の二俣橋のうち、津留川に架かる「二俣福良渡(ふたまたふくらわたし)」を解体し、石を積み直して架け直すという。
 二俣橋は緑川の支流である釈迦院川と津留川の合流点にL字型に連なる“双子橋”として知られる。いずれも江戸時代末期に架けられたもので、石工は不明だが、種山石工の流れを汲む者ではないかともいわれる。
 釈迦院川に架かる「二俣渡」は、晴れた日には影がハート形に見えることから、近年「恋人の聖地」として人気スポットとなっている。
 来年10月末までの完成を目指すというが、崩落した石の多くが6月の豪雨で流失したといい、先人たちが築いた石橋がどう復元されるか見ものである。
※写真はいずれも熊本地震前のもの

▼二俣福良渡



▼二俣渡

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「加藤清正公を大河ドラマに... | トップ | 「アイラブくまもと~漱石の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (小父さん)
2016-12-14 00:04:48
とても趣のある橋だったんですね。

江戸時代末期のものが今まで使われていたとは惜しいことです。

>石を積み直して架け直すという。

そうでしょうね~。
鉄骨鉄筋コンクリートなんかで架けられたら風情もなにもないでしょう。

「恋人の聖地」だったら、また若者も再構築された橋にどんどん戻ってくることでしょう。

FUSAさんも楽しみですね。
Re: 小父さん様 (FUSA)
2016-12-14 08:32:39
江戸時代に架けられた石橋を、解体して架け直した例はほとんどないらしいですから、今後、熊本地震復興に限らず、復元工事のモデルになるかもしれませんね。
人気スポットでもあり、鉄骨鉄筋コンクリートなんかにしたら、雰囲気ぶちこわしでしょうね )^o^(

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熊本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。