徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

與田準一 没後20年

2017-01-30 23:09:25 | 文芸
 今週末、2月3日は福岡県瀬高町出身の詩人で、日本の児童文学に偉大な足跡を残した與田準一(よだじゅんいち)の没後20年にあたる日。僕が與田準一の名前を知ったのは、「評伝 海達公子」の著者・規工川佑輔先生にご厚誼を賜るようになり、與田が海達公子が世に出るキーマンだったと伺ってからである。2009年に、與田準一記念館が、みやま市の市立図書館内にオープンした時は、規工川先生の代理で記念式典に出席させていただいた。
 大正から昭和初期にかけて発行されていた文芸誌「赤い鳥」への投稿仲間として、公子の父、松一(貴文)と肝胆相照らす仲となった與田は、度々、荒尾の海達家へ泊りがけで訪れたという。同誌の大正15年11月号に掲載された與田の作品「雨の日」は、二人の幼い姉妹を題材にしているが、モデルとなったのは海達公子とその妹・通子である。
 後に上京して北原白秋に師事した與田は、白秋と海達親子の間をつなぐパイプ役ともなった。



▼與田準一の代表作「ことりのうた」


 與田の息子・準介は橋本淳というペンネームで「ブルー・ライト・ヨコハマ」など数々のヒット曲を世に出した作詞家である。

▼橋本淳の代表作「ブルー・ライト・ヨコハマ」
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古典芸能への招待 「厳島観... | トップ | いつかまたこんな日が・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。