今日のあしあと

Every cloud has a silver lining

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うどん負荷試験。。クリア!

2012年07月19日 | 食物アレルギー:病院・検査・負荷
ウソみたいで信じられませんでしたが。。
なんと、うどんの負荷試験、クリアしちゃいました!

と言っても、午前中いっぱいかけて、
totalうどん5本弱。
(20分おきに、うどん1㎝→2㎝→1/2本→1本→3本と負荷)

明らかなアナフィラはなかったものの、
最初1㎝食べた後に、『喉が痛い。。』(それ以降はなし)
1本食べた後に、『お腹痛い。。』(すぐ治った模様)
病院出た後に、首から肩に湿疹。かゆいと。(クーラーの部屋でしばらく座らせると消失)

うーん。。。
若干不安の残る結果でしたが、主治医の先生は、
『症状が出るとしても、おそらく皮膚症状のみ。
深刻なアナフィラは起こらないと思われるので、
自宅で色々小麦製品試してみてください』とのこと!

ただ、量はうどん4本と同量くらい。
保育園でも引き続き除去は継続。
パスタやパン、餃子やその他加工品を試してみて、
しばらくしてから増量していってみてくださいと。
増量も自宅で進めたらよいとのことでした。
自宅で負荷はやっぱり緊張する。。

とは言え、まさかまさかクリアできると思ってなかったので
ほんとにびっくり。
でも、アレっ子ママさんの中には、病院の負荷試験では
何も症状出ないのに、自宅負荷スタートするとアナフィラ起こると
悩んでいる方もいらっしゃったので、まだまだスタートラインかなと。
仕事しながらなので、新しい食材にいつチャレンジさせようか
悩ましいですが、時間を見つけて色々試してみたいと思います!

碧はというと、うどんがかなりおいしかったようで、
『もっと食べるー!!』と言い出して大変でした(笑)
今回のうどん負荷については、本人もかなり気になっていたみたいで、
何日も前から、『この日がうどんの日やんな?』と何度も何度も確認してた。
自宅負荷を続けて、色んな小麦製品が食べられるようになるといいなぁ�・☆



この日、あきらも一緒に連れて行って、
クリニックでの血液検査結果を見せて除去食についての進め方を相談しました。
病院によって治療方針が違いすぎる現実をイヤと言うほど味わってきたので、
色んな先生に意見を聞きたかったんです。
結果は、『除去の必要なし』!
(講演会でのK先生と全く同意見でした)

検査結果って値が高くても、今まで食べられていたんでしょ?と。
だったら、除去せずに食べさせるべきだと。
卵については食後に症状が出た気がすると伝えると、
『でしたら、食物負荷試験で確かめましょう』と!
次回、碧の負荷試験(次はバナナ☆)と一緒に、慧も全卵の負荷試験を実施することになりました。

ただ、あきらは、やっぱり皮膚の状態がよくなくて、
食物アレルギーとアトピー(ついでに喘息も。。)をもっていると
診断されました。もちろん納得。
食物アレルギーとアトピーを悪化させないように、
皮膚のケアをしっかりするのがとても大切だと。
ケアの仕方について、保湿剤の種類や塗り方までとっても丁寧に
説明してくれた。。
保湿剤の塗り方のDVDまでいただきました。

先生の口から出る言葉が、
私が自分なりに調べて得ている情報と同じで、
ものすごく納得!と感じながらお話を聞くことができて
診察後、なんだかめちゃくちゃすっきり。


この総合病院の主治医の先生は、いつもすごく丁寧に診察してくださり、
通う度に私の素敵ポイントがアップしていきます。
信頼できる先生に出会えて、ほんとによかった。

(すっかり長くなってしまいましたが。。。
読んでくださった方、ありがとうございます☆)
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホットドック | トップ | フレンチトースト(小麦・卵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
うどん負荷試験。。クリア! (アレルギー)
うどん負荷試験。。クリア!