79r.p.m

浜口望海のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS

2005年11月16日 16時21分10秒 | 日記

昨日、『ALWAYS 3丁目の夕日』を見た。

いいですよ、かなり。

笑えるところは素直に笑えて、切ないところは素直に切ない。
物語の舞台である「夕日町3丁目」は、
具体的に「何処」と限定されているわけではない。
限定されてないが故に、より広い層の人々に原風景として映りうるのかなぁ。


見終わった帰りのエレベーターで、
「なんでアタシが、こんな、日本人の下らないノスタルジィ映画を
金払って見せられなきゃいけないのよ!?」

と、見事なまでに大声で毒づいている女の子と一緒に乗り合わせた。
これには連れの男性も苦笑い。
あれだけ猛烈に毒づけるのも珍しい(笑)

確かに、題材としては、その子が言うようになりかねないものでもあるし、
実際、見る人の年代によっては「古きよき時代」を思い出しながら
見る人もいるかもしれない。
でも、単なる「あの頃は良かったよね」には留まっていなかったと、僕は思う。

辛さを抱えながらも温かい。辛さを知ってるからこそ温かい。
そんな人と人との関係が描かれているから、
単なる懐古趣味を超えたところで楽しめたと思うのだ。

まあ感想は人それぞれ。

僕自身も、ちょっと気分的に疲れてただけに
余計すんなり見れたのかもしれません。

というわけで、見終わってちょっと人と話したくなって、知り合いの店へ行き、
そして昨夜のチョコレートの投稿となったわけです(^_^;)

コメント (5)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SWEETな夜 | トップ | 台本 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2005-11-16 16:47:50
こんにちは♪

見た方の評判があまりにも大絶賛なので、ちょっぴり自分の中で「揺り戻し」が来ているところでしたが、

>単なる懐古趣味を超えたところで楽しめたと思う

という言葉を読ませていただいて納得している所です。
TBありがとうございました! (sabunori)
2005-11-16 17:05:57
はじめまして、sabunoriと申します。

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。

帰りのエレベーターの中で毒づいていた女の子とハナシをしてみたいなぁ、

なんて思ってしまった私です。

いやいや私なんて観る前は「子供で泣かせようなんて!」だの思いつつ、

観終わったらコロリとその子供の演技にやられて大泣きしてしまったクチです。(笑)

TBありがとうございました。 (foo)
2005-11-16 19:13:33
はじめまして。

いろんな感じ方をする人がいるものですね(笑)

私もほんとに温かい映画に久しぶりに会った気がしました。

これからもよろしくおねがいいたします。
TBありがとうございました。 (コリー)
2005-11-16 22:06:40
本当にいい映画ですよね。心暖まります。現代の我々に訴えるものがあるように感じる作品でした。
TBありがとうございます。 (はんぞう)
2005-11-25 17:17:34
感じ方は人それぞれですね~。



ただただ泣けるだけの映画ではなくて、笑いも有って面白い映画だと私は思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 三丁目の夕日 (夢見る小悪魔)
監督:山崎貴 脚本:山崎貴/古沢良太 音楽:佐藤直紀 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 《携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。》 東京下町・夕日町三丁目。 昭和33年春、短気だが家族思いの鈴木則
ALWAYS 三丁目の夕日 (龍眼日記 Longan Diary)
当初観る予定には入っていない映画だった。 子供で泣かせようなんざ許せねぇ、と思っていたし、みんなで 「あの頃はよかったよな~それに比べて今の世知辛い世の中・・・」 なーんて後ろ向きなハナシするのもイヤだったしね。 ・・・んだが! あんまりまわりの評判が
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた (アロハ坊主の日がな一日)
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。 「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。 でも、よかった。またまた感動してしまった。 昭和33年。東京タワーが建った年。 東京の夕日町三丁目には、個性的な人
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★あくあまりんの宝石箱☆★☆)
  やっと観ました「ALWAYS 三丁目の夕日」 公開初日は「立ち見」で断念しましたが、さすがに今日は余裕で座れました。 「シニア割引」や「夫婦50割引」適用らしき人が多かったですが、学生さんの姿もあって最近の映画では珍しく 幅広い年齢層に受けているようで
ALWAYS 三丁目の夕日 (毎週水曜日にMOVIE!)
暖かい。 温かい。 ・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。 久々にボロボロ泣いてしまいました。 白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。 昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。 や
『ALWAYS三丁目の夕日』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;\'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE..
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた (Winding Road)
心暖まる作品でした。 舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。 鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (Saturday In The Park)
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (うっかりはんぞう)
「縁も所縁も無いんだからな!赤の他人なんだからな!」 映画『ALWAYS 三丁目
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (週末に!この映画!)
僕の期待値:91%  クリスマス・イブということで愛情たっぷりの映画。(ちょっと
(今日の映画)ALWAYS三丁目の夕日 (Kozmic Blues by TM)
ALWAYS 三丁目の夕日 (公式サイト: http://www.always3.jp) 監督: 山崎貴 出演: 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...