株式会社 希望(のぞみ)のブログです。

当社は「おうちの履歴書」で建てる前から完成まで一生懸命な不動産屋です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「インファナル・アフェア」 

2011-07-27 23:00:52 | 日記

 

◆【 本日のNews
◆7.27 【東大阪情報】→トワイライトハイキング 8月1日(月) 府民の森なるかわ園地
◆7.27 【芸能NEWS】→結婚から4年、女優復帰をした瀬戸朝香と井ノ原快彦の夫婦愛!
◆7.27 【物件ニュース】→ →八尾市新築一戸建 周辺環境施設動画サイトアップします!! 近鉄大阪線「高安」駅より徒歩8分 教興寺4丁目 
◆TEL 【フリーダイヤル】→0120-326-146(見つかるいいホーム)



少し古い作品で恐縮だが、2002年の香港映画を紹介しよう!監督はアンドリュー・ラウとアラン・マック。2003年10月11日日本公開されたこの映画は、当時話題になったが未だ見たことが無く、ようやく見れた!というのが率直な感想だ!何故見たかったと言うと、この作品は脚本の素晴らしさから、ハリウッドでマーティン・スコセッシ製作、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演で、『ディパーテッド』という作品名でリメイクされ、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞したオリジナル作品だからである!実はディパーテッドも見れていないのでいささか、語るにはおこがましい気もするが(笑)少し辛抱してもらおう(すみません)

ストーリーのあらすじは、潜入捜査官としてマフィアに入り込むヤン(トニー・レオン)と、そのマフィアから警察に潜入するラウ(アンディ・ラウ)の物語。警官として苦悩するヤンと、組織を裏切り善人になろうとするラウが対照的に描かれているこの作品は、人間が本来、持ち合わせている「善と悪」に鋭く切り込んだいわば、心の葛藤を丁寧に描いているように思えた。同じ警察学校で学び、それぞれに違う道を歩む二人、人生のいたずらなのか?それともそういうレールの中でしか生きられなかったのか?答えは最後までみつからない!そういう映画である!

それでは、何故、ハリウッドがこの映画に着目したのか?私が思うに筋書きは単純ではあるが、二人の心の葛藤の中に今までのアクション映画にはない、辛く切ない人間の裏側が描写されていたからでは無いだろうか?映画の最終章は基本、善が勝利する!逆に映画といえども、悪がはびこる世界には出来ないと言うメッセージが特にアメリカ映画には義務付けされているように思える!実際、映画は夢を売る商売!悪が善を滅ぼしてはならないのだ!その部分については、暗黙のルールがあるのだが、、、

この映画は、そのタブーに挑んだ映画でもあるのだ!!!果たして「善と悪」どちらが正しく片方が誤りだと、どうして言えようか?世の中、そうは簡単では無いのが現状のような気がしてならない!善の為の悪も、時に人を勇気づけることもあるだろうし、悪は善を守るため、必要な場面もあるだろう!言葉の掛け違いと思う方も多いだろうが、「正直者は損をする!」という言葉があるように、「善と悪」とは表裏一体なのかも知れない!

ただし、どんなに強がっても、どんな生き方をしようとも、最後は己の魂一つなのである!人は決して自分には嘘はつけない動物だから、、、

映画のラスト!見たくなったでしょう?(笑)

それでは又、お逢いしましょう!


twitter55.jpgこの記事をtwitterへRTしたい!

【東大阪、八尾の一戸建・売土地・事業用物件をお探しなら!】
株式会社 希望(のぞみ)
〒577-0824 大阪府東大阪市大蓮東3-16-6
フリーダイヤル//0120-326-146
ホームページ//http://nozomi-n.jp E-mail// info@nozomi-n.jp
宅地建物取引主任者/賃貸不動産経営管理士/インシュアランスプランナー/住宅ローンアドバイザー


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レオナール・フジタ作品展」 | トップ | 「アメトーク 禁煙派?喫煙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む